元・少年野球練習日記

中学軟式野球、主力となるべく頑張る息子と父の練習日記

 10日以上雨が続き、日曜にようやく晴れ間が見えた。今週も雨予報だが月曜朝は雨とはなっておらず、起床時も雨ではなかった。息子を起こして出発5分前に降り出した。そんなに降雨量は無かったが今週はテスト期間でもあり、コロナ禍の今体調不良を起こすわけにもいかず。残念ながら直前中止とした。最近は自宅筋トレは少なく肩廻りのストレッチをメインとしているが、自主トレできないので筋力強化も併行して行ってもらおうかと思う。

  

 先週から降り続く長雨。今週もずっと雨予報。合間で晴れ、かつ地面の状況が良ければ自主トレを行いたいが、そんな隙は無さそう。来週はテスト期間でもあるので感覚維持程度の練習はしたいものだ。

  

■2020/07/03(金) 6:50~7:30 曇り(21.5℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・キャッチボールラリー(5往復)×2本
 ・投球練習×20球
 ・トスバッティング×5本
 ・ロングティー×25本
 ~帰宅

 午後から雨予報で曇り空。守備動作中の送球コントロールの練習でキャッチボールのラリーを2本実施。今日は雨予報、土曜も雨っぽいので投球練習を20球ほど行う。副顧問の指導が良いのか、ノビのある球を投げている。きちんとしたフォームから投げる際には制球力があるので、やはり守備動作時の送球フォームを固める必要があると改めて思う。
 打撃はネットトスで早々に快打が出たのでロングティーに移行。今日も打球角度が低く打球速度が高い。しかし角度がある場合には滞空時間が長くなり外野フライ。その中間が欲しいところ。

 

■2020/07/01(水) 6:50~7:30 曇り(24℃)
 移動~
 ・キャッチボール
 ・牽制練習
 ・腕投げ練習
 ・ロングティー×25本
 ~帰宅

 昨日からの豪雨が影響し、アスファルトは半渇きも市営Gには水溜まり多数。同じ場所で動くと泥濘も少し出てくるのでキャッチボール後に腕投げノーコンの克服をすべく牽制と正面を向いて短距離を腕だけで投げる練習。案の定、制球不安定。リリースポイントが安定していないので制球が定まらないと伝え、再開すると捕球範囲には投げられるようにはなった。基本は守備動作中にきちんと相手に踏み込んで投げる事が必要だが、とっさの動作で腕だけに頼る送球となった際に暴投しないようにしたい。
 打撃はロングティーのみ、ミート中心で実施。やはり途中で泥濘が発生したので2回場所を移動して行った。ミート中心だったが変わったのは打球速度で飛距離は変わらなかった。

 

■2020/06/29(月) 6:50~7:30 晴れ(22℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・スナップスロー練習×10球
 ・体重移動投球×5球
 ・投球練習×15球
 ・トスバッティング×10本
 ・ロングティー×25本
 ~帰宅

 少し涼しく感じられ、半袖半パン姿のままバイクに搭乗した息子は寒がっていた。キャッチボール後のメニューを息子に聞くと投球練習を希望。先週、土曜日を含めて週4回投球練習をしているので投球過多を心配するが、今日はサブグラウンドでの部活予定なのであまり投げないだろうとの事。いつもは3球立ち投げ後に投球練習を行うが、副顧問から聞いたスナップスローとマウンドから両足をつけたまま体重移動と反動を利用しての投球を組み入れた。去年には無かった、きちんとした指導を受けているようで感心する。中1日の連投疲れを感じさせないノビのある投球をしたが、制球重視で15球ほどで切り上げる。
 打撃は快打中心で打球角度が低く、打球速度は速く父の横を過ぎる際に風を切る音がするが、ネット到達は無かった。

 

■2020/06/26(金) 6:50~7:30 曇り(27℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・手投げゴロ捕球×15本
 ・キャッチボール(肩ストレッチ程度)
 ・ショートバウンド捕球×約30球
 ・トスバッティング×10本
 ・ロングティー×25本
 ~帰宅

 部活再開後、副顧問指導の元で投手陣は3連投となる投球練習を行ったとの事。少年野球の公式戦終了後、父との自主トレでフォーム・制球重視の投球練習を行っていたが球数の投げ込みと連投はしてこなかった。なので肩周りやお尻などに筋肉痛があるとの事。副顧問よりフォームは出来ているとのお墨付きは頂いているそうなので、序々に投球スタミナをつけて欲しいと思う。
 なので自主トレは緩いゴロをきちんと股を割って捕球する基本練習から開始。キャッチボールも体全体で腕だけ後からついてくるような投球で距離も塁間までとした。守備練習も捕球練習とし、前半は動作有り、後半はファースト想定の軸足固定で実施した。
 打撃はロングティーでネット接触2回。月曜にヘッドが先に出るスイングだったが今日は通常のスイングに戻っており、引っ張り傾向から右中間に打球方向も戻った。

 

■2020/06/24(水) 6:50~7:30 晴れ(25℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・投球練習×20球
 ・素振り×10本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×25本
 ・バント練習×15本
 ~帰宅

 今週からようやく1年生の仮入部が始まったらしく、1年生が16人集まったとの事。2年生が17名、3年生が11名なので最終的には45人前後の大所帯になりそう。8月までは大会や練習試合も禁止のようなので、しばらくは狭いグランドで守備練習メインとなるようだ。
 今日は息子希望で投球練習を実施。新任の副顧問の指導がわかりやすいらしく、体重移動のコツを伝授された息子のボールのノビが増していた。聞くと日頃父が言っている事と内容は同じなのだが、伝え方が違うだけで変わるようだ。
 打撃はいきなりロングティーでネット接触を目指すが無し。投球と同じく体重移動が大事である事を助言するが、すんなり打撃に転用はできないようだ。

 

■2020/06/22(月) 6:45~7:25 曇り(23.5℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・内野カット~返球練習×約15本
 ・素振り×15本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×5本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×25本
 ~帰宅

 先週金曜は雨で中止、土曜は久しぶりの部活で内野組に入ったが外野からのカットがよく分からなかったとの事。1年の時にはまったくカットの練習は無かったそうで、少年野球時代は外野手だったため、とっさの判断ができないようだ。
 左利きの息子が内野に就く場合はファーストなのでライトからの返球がメインである事、外野オーバーではなくライトが捕球したならば走者がいる場面でホーム、またはサードへの返球となる事を伝える。まずはホームへの返球の場合、左投げなので外野の捕球地点からホームへのライン上からやや内側に半身で構え、振り向き様にホームへきちんと踏み出すように伝える。父が外野にボール袋を持って掛け声と同時に半身となり、ネットに向かって返球するカットの練習を繰り返した。
 打撃はトスでミートを確認後、ロングティー実施。今日は引っ張り傾向でヘッドが先に出てしまうため飛距離が出ずファール、もしくファールライン付近に飛んだ打球が多かった。センター返しを言うもそれが出来たのは後半。飛距離はネット際1mといったところが限界であった。

 

■2020/06/17(水) 6:45~7:20 晴れ(20.5℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・ファースト捕球練習×約15本
 ・ショートバウンド捕球(ファースト)×約15本
 ・素振り×約10本
 ・トスバッティング×10本
 ・ロングティー×25本
 ~帰宅

 昨日から部活再開も終了時間を顧問が勘違いし、アップと軽めのメニューのみだったらしい。しかし全身筋肉痛があるようだ。やはり3ヶ月半のブランクはそう簡単には埋まらないだろう。自主トレを行っている息子でこれなので、特に何もしていなかった子はどうなのだろう?
 今日はファースト捕球をするとの事なのでサード、ショート、セカンド位置から5球毎送球して捕球の練習。捕球待ちの体勢が腰が高いため、低めのショートバウンドに対応できず。なので捕球姿勢を意識したショートバウンド捕球を行う。結構ポロリしてイライラしていたようだが、ベースに足を固定したショートバウンド捕球練習も久しぶりなので捕球フォームをきちんと意識するように助言。
 打撃は快打率高しの飛距離がネット手前1mまで。前回は3球ネット接触で期待したが届かず。息子いわくネットトスでミートを先にすると飛距離が出ない気がするとの事。ならば次回はいきなりロングティーから実施してみようかとも思う。

 

■2020/06/15(月) 6:45~7:20 曇り(25℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・ノック(内野距離)×10本
 ・素振り×約10本
 ・ロングティー×50本
 ~帰宅

 本格的な梅雨入りで先週金曜の朝練は回避。週末も降り続いたせいで市営Gには水溜まり有。とはいえ気温の上昇もあり足場がぬかるむまでには至らず。
 守備練習は内野ゴロ中心のノック。変わらず一本目の返球で高めに逸れる。改めてきちんと返球先に踏み込んで投げるように言うと改善される。体を開いて腕だけでの制球は不安定なのできちんとした送球フォームを固めて欲しい。
 ネット際に水溜まりがあるので、トス打撃は行わずロングティーを実施。息子いわく今日は届きそうとの事。有言実行でネット下部に直撃弾を3発当てた。今の距離になってから久しくネット直撃は無かったが、ようやく入口に立ったかのよう。これが常となり、ネット下部から中段~上部になっていけばと思う。かなり打球速度も出てきているようだ。

 

↑このページのトップヘ