元・少年野球練習日記

中学軟式野球、主力となるべく頑張る息子と父の練習日記

■2019/08/21(水) 6:50~7:40 曇り(28℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・キャッチボール(変化球)
 ・投球練習×10球
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×23球
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×46球
 ~帰宅

 昨日は市内一の球場で練習試合の予定だったが、降雨中止。今日も休みのため3日間部活なし。なので市営Gも水溜り有り。キャッチボールで変化球練習。前回と同じく、ドロップカーブのつもりで投げたら普通のカーブ。投球練習は低めの制球意識。ラスト1球を全力投球要求すると、かえって力が入ったのかあまり球威が無い。前半の高めに抜けた球の方が球威があった。やはり力を抜いてスムーズな投球動作が出来るようにならないといけない。
 打撃は全般的に打球角度が低い。フォロースルーがレベル~アッパーとなっていないため。大げさにフォロースルーのアッパーをするよう言った後の角度が最適な角度だったが、本人的には物凄く振り上げたように感じたらしい。「間」も途中で意識を忘れてバットの先に当てる事数回。少年野球時代に出来ていたはずなので、思い出して欲しい。

 

■2019/08/19(月) 6:55~7:40 晴れ(28℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・素振り×約20本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×46本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×50本
 ~帰宅

 お盆休みから明けて週末から息子の部活再開。月曜は休みの子が多いという理由で急遽部活なし。なので朝練実施。中学校の校庭を自由に使えるらしいが、まったく打撃練習をしていないらしい。なのでそれをカバーすべく打撃練習のみ実施。最近、「間」「タメ」が出来ておらず、来たボールをそのまま振り出すため少しでも合わないとバットの先に当てたりする。ロングティーでも同じ事象が出ていた。タメを意識するよう、あらかじめトップを作って引いた状態から打ってもらうとボールを見る余裕ができるので快打となる。それを構えから作ってもらうよう言うが、出来る時と忘れてしまう時とで結果も異なる。今日は日陰で実施のため、かなりネットまで距離があるが快打の時にはネット到達ギリギリのところまで飛距離が出ていた。中学部活でも素振りすらやっていないらしく、それじゃチーム全体で打撃力も落ちるだろうなと心配する。

 

■2019/08/14(水) 6:55~7:40 少雨・曇り(28℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・キャッチボール(変化球)
 ・投球練習×8球(変化球)
 ・ファースト捕球練習×10本
 ・手投げショートバウンド捕球×10本
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×23球
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×23球
 ~帰宅

 盆休み期間は部活も休みで朝練ウィークとしたかったが、生憎の台風で今日までとなりそう。市営G到着時には少雨となり、キャッチボール中に止んだ。昨日からの取り組み、変化球の精度を上げる練習。思いっきり山を描くドロップカーブを投げるつもりで投げたカーブが調度良いカーブ。形になってきたのでマウンドから数球投げてもらった。
 捕球練習はスムーズだったが、手投げショートバウンドの中途半端なバウンドを逃げる。体を低く構え、バウンド手前で捕球するか、ショートバウンドが難しいと判断した時に下がるなどのとっさの判断がまだ難しいのだろう。
 打撃は手首テコを改めて素振りで確認。ロングティーで良い当たりとなるものの、打球角度が低い。フォロースルーがレベルのままなので当然。それをレベル~アッパーにしてもらうと角度がついた。そこからネット上段接触が復活。計4球ながら、1球素晴らしい快心の当りがあった。インコースを体の回転が使えてきれいに打ち返した打球だったが、それが自然に出来るようになれば更に飛距離が上がるだろう。

 

■2019/08/13(火) 6:55~7:40 晴れ(30℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・キャッチボール(変化球)
 ・ノック(ファースト位置)×10本
 ・ファースト捕球練習×10本
 ・素振り×約10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×23本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×23本
 ~帰宅

 一足先にお盆休みを取得して金曜から一泊旅行。帰宅した翌日の日曜に部活だったが、休みの部員が多いとの事で中止。日曜に帰省し、月曜に帰宅。なので中4日空いての朝練再開。
 キャッチボールで変化球練習。どうしても「抜く」投球が出来ずに指にかかって投げるため、変化が無い打ち易いボールとなる。なので「抜く」感覚を覚えてもらおうと反復する。どうしても指先が投げる時に正面を向くため、指に掛かるのだろう。これを空手チョップの要領で投げてもらい、終盤3球でようやく形になった。
 守備練習は感覚を戻す事に重きを置いたが、捕球練習では範囲内をポロリ2回。まだ連休の鈍りが出ている。
 打撃は前回と同様、飛距離が戻らない。いつもの位置より1m強ほど後ろから打っているが、ネット接触がギリギリ2回、下段1回の3回のみ。トス球を振り遅れてしまうのが意味がわからない。きちんとタイミングが取れていないのだろう。

 

■2019/08/06(火) 6:55~7:45 曇り(29℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・手投げショートバウンド捕球×15球
 ・ファースト捕球練習×10本
 ・投球練習×10球
 ・素振り×約15本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×23本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×23本
 ~帰宅

 昨日の市大会は残念ながらコールド負けとの事。1年生の息子は出番無くランナーコーチをしたそうだ。試合出場無くても常に身近でゲームの状況判断が必要な仕事。野球脳向上のためにも真剣に取り組んで欲しい。
 久しぶりにすごしやすい天気となり、直射日光を気にせず練習。ファースト技術向上のための捕球練習後、投球練習に移行。前回の練習試合でクイックの動作が単に早いだけで、きちんとタメが出来ずに手投げ気味になっていた。構えている時点で軸足に体重を乗せておき、軸足の股関節を意識して体重移動しながらクイックするように投げてもらった。
 打撃は快打率が高くなっているが、飛距離が以前に戻っている。ボテボテの当りが増えてから、まずは打撃感覚を戻すために手首テコ打法は優先順位を低くしている。ロングティーでもヒット性でシェアな打撃だなとは思うが、やはり飛距離は欲しいと欲が出る。

 

 市大会を翌日に控えた部活。2年生10人・1年生16人の大所帯チームの背番号配布が行われたとの事。息子も2桁背番号をもらって帰ってきた。父が予想していたより若い背番号だと思いつつ、1桁番号をもらっている1年生も3名いる。特に、少年野球の時には控えだった子が中学生になって打撃向上で1桁をもらったらしい。著しい心身が成長する期間。背番号をもらえなかった選手が次大会で躍進する事も不思議ではないし、逆にレギュラーだった子が控えに回る事もある。背番号をもらえた事に満足する事なく、向上心を持って日々努力して欲しい。

 

■2019/08/03 (土) 15:00~17:00
 市内の他校に遠征しての練習試合。夏休み中は平日にも練習試合が組まれるためにその姿を見る事が出来ないが、今回は土曜開催なので観戦に訪れた。2年ファーストレギュラーの子が不在のため、前日に顧問から1試合目の出場があるかもと言われたそうだが、1試合目に出番は無く2試合目に「2番ファースト」で先発出場。少年野球時代にぶっつけ本番で1試合だけ練習試合でのファースト出場はあったが、前の練習試合からはファーストで出場している。元々はピッチャー、ファースト希望なので本人はやる気になっているようだ。
 ファースト守備は思ったより無難で、守備機会もミスなく動けていた。打撃は①四球、②センター前ヒット、③スクイズ2度失敗からの四球。全打席出塁は立派だが、スクイズが全て三塁側ファール線を越えてしまう。真正面過ぎず、三塁走者が返るまでの時間稼ぎができれば良いので、きちんと転がせる技術が必要。3打席目は本塁まで返り、その後は四月以来の登板。
 猛暑も手伝ってか登板時点で既にスタミナ切れに近く、ボールが高く浮いていきなり四球。気持ちの良いレフト越の三塁打も打たれ、ほろ苦い内容だったが何とか1失点に抑えた。

【6回】 1.四球 2.送犠打 3.三ゴロ 4.三塁打① 5.四球 6.右ゴロ
【7回】 1.捕ゴロ 2.投飛(落球)~(三盗死) 3.三失策 4.二ゴロ

約3ヶ月以上空いての登板。捕手の捕球範囲外にいくようなクソボールは無かったが、全体的に高いため打ち頃のボールだったと思う。まだ投手の経験が浅いため、数をこなしつつ練習も積み重ねて良い結果が出るよう頑張ってもらいたい。


 

■2019/08/02(金) 6:55~7:40 晴れ(29.5℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・投球練習×12球
 ・素振り×計15本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×46球
 ・手投げショートバウンド捕球×約15球
 ・バント練習×5本
 ・ファースト捕球練習×約20球
 ~帰宅

 日差しがきついので日陰での朝練。キャッチボール後、10球投球練習。今日のテーマは「狙った位置に外れてもストライクゾーンに収める」との事。なのでアウトロー、インロー、アウトハイ、インハイと構える場所を変えて行った。前半は構えた位置にドンピシャで投げ込む。途中からボール2個前後ズレが出るもストライク範疇。最後のインハイがボール球となったのでやり直し。その次も高くなったので仕切り直しでアウトロー。これもボールになったが、ボールは伸びていたので計12球で終了。
 トス打撃は肩口からヘッドを出す事をテーマにした。途中から市営Gに人が来たのでロングティーは封印し、トス打撃のみとした。変化球想定の山ボールトスには待ちきれずに突っ込んでしまうが、それを待って自分のヒットゾーンで打ち返せるようにして欲しい。
 最後はショートバウンド捕球とファースト想定の捕球練習。ほんの少し送球が外側に逸れた程度で逆シングルで捕球するが、わざと難しく捕球しなくても素直にグラブが出るようにして欲しい。いわゆる「中途半端」な送球を捕球するのが苦手なようだが、中々わざと中途半端な送球をするのは以外と難しい。

 

■2019/08/01(木) 6:55~7:40 晴れ(29.0℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・キャッチボール(変化球)
 ・手投げショートバウンド捕球×20球
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×23本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×30本
 ~帰宅

 8月初日。今日の息子は完全オフ。昨日の部活は守備練習のみという事なので、守備はキャッチボールで変化球練習と手投げショートバウンドの捕球練習のみ。打撃はズレが出ているため、事前の素振りで予備バットをヒットゾーンに差し出し、タイミングを取りながらスイング後もヒットゾーンを見続ける事を反復。その後トス打撃でも素振りと同じ事を心がけてもらった。打球角度が低いものの、昨日に比べれば快打率も高くなった。終盤に手首のテコを追加して打球角度が上がったのでロングティーに移行。猛暑なのでいつもの場所から日陰で実施。いつもより遠くなるため、ネット折衝は無しだが、内容は昨日より全然マシ。明日も実施予定なので、感覚を戻して欲しい。

 

■2019/07/31(水) 6:55~7:40 晴れ(29℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・手投げショートバウンド捕球×15本
 ・ファースト捕球練習×15本
 ・投球練習×10球
 ・素振り×計10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×23球
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×23球
 ~帰宅

 本格的な夏に突入。最高気温の予想は39℃らしい。部活が午後なので朝練実施。昨日は練習試合の2試合目に「2番ファースト」で出場し、センターフライと二ゴロとの事。ニゴロは快打だったらしい。
 ファースト想定の捕球練習後、10球投球は「キレ・伸び」意識でお辞儀ボール無し。小さな体格ながら良いボールを投げていると思う。打撃は前回と同じく調子が悪い。タイミングとスイングがズレている。顧問からアッパースイングを指摘され、ダウンスイングを推奨されたらしい。息子のフォームはアッパーではなく、レベルからフォロースルーがアッパーとなるのだが、ぱっと見はアッパーに見えるのだろう。そのため、今日はゴロばかり打つ。ダウンスイングすりゃそうなるだろう。これが打撃が崩れた原因かもしれない。悪癖の体を開いて打つ事象も出ている。何度か指摘し、きちんと出来ている時のロングティーではネット接触。ダメな時は体を開いてゴロを打つ。せっかく積み重ねてきた事がこんな事で崩れてしまうのが惜しい。息子も両極端な事を言われて迷うだろうが、続けてきて結果が出ていたフォームに自信を持って取り組んで欲しい。

 

↑このページのトップヘ