■2016/10/23(日) 6:55~8:00
 ・キャッチボール
 ・遠投
 ・フライ捕球×10本
 ・ノック(近距離)×10本
 ・素振り×15本
 ・ノック(近距離)×5本
 ・ノッカー練習×40本
 ・投球練習×30球

 小学校イベント日のため、チーム練習なし。しかし学童チーム・5年生チーム(4年選抜メンバー含む)は公式試合あり。選抜メンバーでは無い息子はチーム練習オフ。朝からイベント参加のため友達の家に行きたい息子の希望により、休日としては早い朝練開始。今日の息子は前日とはまったく逆で、ノッカー練習の精度が低くなる。ほぼ半分以上、ノック相手の父とは異なる方向に打ち込む。30本終了時点で一度止める。ノッカー練習の最初で数本ミスしたため、動揺して自分で勝手にプレッシャーを感じ「打てなかったらどうしよう」というマイナス思考で心も体もガチガチになっている。プラス思考とマイナス思考、極端な事例と心の持ちようを説明し、プラス思考で物事を考えるように言った後のノッカー練習は、10本中9本が父の前に打ち込む事ができ、外した1本もプラス思考、「次は絶対にミスしない!」と思うよう言った。
 同じプラス思考で考えるよう言い続けた投球練習では、カウント想定で四球を出して満塁となっても最終的にはスリーアウトまでとる事ができた。