元・少年野球練習日記

中学軟式野球、主力となるべく頑張る息子と父の練習日記

2016年11月

■2016/11/04(金) 6:30~7:10
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・遠投
 ・フライ捕球×5本
 ・手投げゴロ捕球(近距離×15本)
 ・素振り×15本(バットウェイト×10本)
 ・フリーバッティング×60球

 息子の悪癖は、相手に対して垂直に立てない事。体は垂直でも、足がズレている。ちょっとのズレならジェスチャーで直してもらう。打撃も投球も、最初がズレていれば後の動作にズレが出る。基礎が出来ている子であればオープンスタンスでも良いかもしれないが、基礎を積んでいる状態の息子には正しい姿勢で挑んでほしい。今日はズレが深刻で、何度口で説明しても直らない。「相手に対して真っ直ぐ垂直に立て。」が出来ない。息子の状態で垂直の方向がどこにあるかを指差して示しても、その後の修正がきかない。5分近くできないので、声を荒げてしまった。毎日言い続けているのに直らない。空間認識能力が悪いのかもしれない。
 昨日のチーム練習での三振もあり、タイミングの課題に取り組む。「1・2ぃの・3」で素振りさせているが、根本的な問題として、いつ「1」を始めるかわかっていないのかもしれない。人によりけりだろうが、最初から決めて自分で慣れていく方が良いと思い、投手が足を上げたタイミングを「1」とし、そこからミート時に「3」となるよう取り組んだ。あえて口でタイミングを言わせながらフリー打撃をしたが、打撃内容はかえって悪くなったかもしれない。口に出す事に気をとられ、他がおろそかになっているのだろうか?


 

■2016/11/03(木・祝) 12:30~16:30 チーム練習

 練習試合の快心のヒットと先の公式戦の三振動画を息子に見せた。明らかにタイミングがズレている事は息子もわかったようだ。体がガチガチにならない事は一番だが、それによりタイミングがズレているので、それを意識するように言った。ところがチーム練習の打席で2打席連続三振。遠めから見ていたので内容がわからないが、唯一バットに当たった当りもドン詰りの逆方向へのファール。つまりはまだタイミングが遅いという事だろう。打撃練習は学年単位の入団順で行われるので息子は10番目。しかし全員が均等に打席に立って終了ではなく、息子の手前で練習が終わる事もしばしば。そして同日に打撃練習を再開する時にはまた先頭から開始する。なので上位の子は4打席立てるが、息子は2打席という事もある。朝練ではガンガン打てているが、グラウンドでは別人になる息子なので、もっと経験を積んでほしい。

 

■2016/11/02(水) 6:25~7:10
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・ワンバウンドキャッチボール
 ・ノック(近距離×20本、遠距離×5本)
 ・素振り×15本(バットウェイト×10本)
 ・フリーバッティング×60球

 かなり寒く、天気予報では8℃ほど。遠投のかわりに中距離でのワンバウンドキャッチボールを行う。ボールをキャッチし、そのままの流れで返球する。動作の中で踏み出した足、体、目線、リリースポイントを全て相手に向けているかのチェックをする。返球がズレている時は、動作の何かがズレている。
 ノックも前回同様、緩く左右に振る。しっかり捕ってしっかり返す練習。そして膝をついて止まらない事を心がける。
 フリー打撃は速めの球を先に行い、後半は打ちやすい球を投げる。打ちやすい球の最初はポップフライの連続だったので、ライナー性をしっかり打つ事を意識するように言った後は鋭い当たりが出ていた。これを気持ちの持ち様で変わる例として言った。日々出来ている事が急に出来なくなる事はない。全て気持ち(メンタル)の持ち様で変わるのだとしつこい程言った。
 息子が登校後、父が出勤するまでのつかの間の時間でヒットを打った練習試合と前回の公式戦の打席動画を見直した。練習試合の打席ではきっちりタイミングが取れ、タメも出来ている。公式戦ではきた球にそのままバットを出しているだけでタイミングがまったくとれていない。嫁が見ても明らかだったくらいの全然違う打席だった。緊張で体がガチガチで頭真っ白だからこそ、普段の動きが出来なくなる典型的な例。きっちり息子に示して、意識してもらおうと思う。

 

■2016/11/01(火) 7:25~7:35
 ・素振り×25本(バットウェイト×10本)

 起床時に少雨、無理すれば朝練できるだろうが気温が低く、公式戦も控えているので中止。しかしすぐに止んだので息子の朝食後に素振りだけしてもらった。

 

↑このページのトップヘ