元・少年野球練習日記

中学軟式野球、主力となるべく頑張る息子と父の練習日記

2018年04月

■2018/04/10(火) 6:45~7:25 晴れ(8.9℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・手投げ後方フライ捕球×20球
 ・手投げショートバウンド捕球×25球
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球)×34本
 ・ロングティー(軟球)×34本
 ・フリーバッティング(軟球)×17本
 ~帰宅

 朝練時は裏起毛の冬用ズボン着用させるも帰宅後に半パンツに履き替えるほど一日の寒暖差が激しい。
 今日も守備は基礎練習とし、久しぶりに手投げでの予告後方フライ捕球を実施。近所公園時代は毎日のように行い、斜め後ろバックの姿勢の反復練習をしていた。広い市営Gではあるが、ある程度近距離で実施した。少し、追いながら捕球しようとするので全力で追いつき、落下点で振り返る動作をしてもらった。前日同様、手投げショートバウンドも実施。「勘」で捕球しようとする事も多々あるので、最後までボールから目を離さないよう反復練習していきたい。
 打撃系も昨日と変わらず良い当たりを心がける。コスった凡フライを打ち上げる際は踏み出しの姿勢が反っているので、真っ直ぐ踏み出す・ボールの軌道にバットを真っ直ぐ当てるよう言う。意識している時は良い当り、続けていると意識が無くなり悪い形になるのはずっと変わらず。キチンと再度同じ事を言うと良い当たりが復活。根気が必要だと思う。

 

■2018/04/09(月) 6:45~7:25 晴れ(8.6℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・手投げショートバウンド捕球×25球
 ・手投げゴロ捕球×30球
 ・ノック(外野前進位置)×15本
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球)×17本
 ・ロングティー(軟球)×17本
 ・フリーバッティング(軟球)×34本
 ・ハーフバッティング(軟球)×17本
 ~帰宅

 息子、今日から名実共に6年生。先週から一転、肌寒いので冬ジャージ着用。キャッチボール後、基礎練習の手投げシリーズ実施。ノックは前半はゴロ中心。事前にグラブの指先を地面につけるくらい地面とグラブの隙間を空けないよう言ってたので、全て捕球。フライはまだ落下点のすぐ真下で捕ってしまう。これも手投げフライで修正が必要だが、今日は割愛した。
 打撃は前半は快打連発。しかし後半からボテボテが増える。最後のハーフ打撃でもボテボテ開始だったので、もう一度基本的な気をつけるべき点を言った後には復活する。はやく自分で常に気をつけて打てるようになって欲しいし、その先の定着にこぎつけたい。

 

■2018/04/08 (日) 10:30~12:00

 隣市チームのホーム小学校に遠征での練習試合。この日は6年生チームで2試合の予定。主力組がメインの第一試合に「9番センター」で先発出場。ただし、ラインナップに第二試合先発予定のエース右腕君が入っておらず、息子は変わらず10番手なのだろう。

 試合は先攻。1表2死から内野安打が出るも0点止まり。息子チーム先発投手の左腕君も上々の立ち上がりで投手戦かと思った矢先、2表先頭打者のエラー出塁からビッグイニングを作る。息子の第一打席は無死3塁からだったが、パスボールで走者が帰還し走者無しとなる。結果は四球出塁。牽制に引っ掛かり飛び出すが二塁まで到達し、2番打者の送りバントを相手が一塁暴投する際にホームに帰って得点を記録した。その後もエース右腕君に代わり4番に抜擢された子が走HRを放つなどで7得点を記録。

 第二打席はエラーと四球が続いて無死満塁。フワっと打ち上げてしまうが前進守備の後ろにポトリと落ちる内野安打。結果は良いが、内容は誉められるものではない。強いゴロやライナーを放ってほしかったところ。この回も2番打者のスクイズでホームに帰ってきて3得点となった。

 最終回の5回表にも打順が回り、エラー走者がいる場面で送りバントを2回連続ファールにする。3バントのサインに何とか3塁側に転がし、送りバントを決めた。息子はチームの中ではバントは上手な部類に入るが、試合の緊張感のある場面、2度失敗した状況で3バントを決められた事は自信を持ってほしい。

 守備面では三塁~ホーム間の挟殺プレーでミスがあり1失点あったものの、10-1で快勝した。息子は守備機会が二塁手のミスのカバーのみであったが、攻撃面で1安打1四球、2得点と送りバント。最低限の仕事はしたと思う。

 決して派手な印象に残るプレーではなかっただろうが、練習試合であっても最低限の結果を残した事は自信に繋げてほしいし、もっと上を目指してほしい。

 第二試合はエース右腕君が先発、5名が普段出場機会の少ない選手が先発出場。中には初ホームランを放った子もいてこちらも快勝。チームの底上げになるだろう。息子もウカウカしていられない。

 試合終了後、ホーム小学校に戻って練習。息子は縦ノックでまた引いて捕球する癖が出てしまったが、コーチのチャレンジしろという声で果敢に攻める姿勢が戻った。最後のシートノックでもセンター位置で3度の守備機会を問題なくこなしていた。守備面では絶不調から少しは上昇の兆しが出ているのだろうか?

 

■2018/04/07 (土) 12:30~16:30

 肌寒い気温の中、翌日に練習試合を控えてのチーム練習。ジュニアチームが練習試合で遠征中なので、ホーム小学校を学童チームが専有。5年・6年に分かれての練習となった。コーチが投手で1ストライクからの打撃練習、息子はライト線にするどい当りの3ベースを放つ。しかし残り3打席はコーチに3三振、1凡打で5の1。しかしながら、課題である強く引っ張る打撃が出来た事は良かったと思う。
 走塁練習にて、2塁走者を外野から刺殺する練習で外野手3名が選ばれる中に、センターで入る。途中に雨天中断が入った後の練習再開でカットに送球がやや逸れる事があった。いつでも集中力を切らさず正確なプレーが出来るようにしてほしい。
 縦ノックの最中、雨が強くなり再度中断。練習時間も1時間を切った事から雨天中止となった。

 

■2018/04/06(金) 6:45~7:45 曇り(16.7℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・手投げショートバウンド捕球×50球
 ・ノック(ファースト位置)×10本
 ・ノック(ライト位置)×15本
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球)×32本
 ・ペッパー(軟球)×20本
 ・ロングティー(軟球)×32本
 ・フリーバッティング(軟球)×48本
 ~帰宅

 春休み最終日なので朝練+20分も今日まで。昨日から継続して基礎練習の手投げショートバウンド捕球を実施。神社公園より地面状態が良いのと、昨日の継続なので少し慣れが出たのか昨日より良く出来た。やはり基礎練習の反復は必要なんだと思う。ノックでも処理しやすい打球を打った。バウンドに合わせミスで下がって捕球したのが1回あったが、他は問題なかった。
 打撃系は、「ボールの真ん中を打つ」を主テーマとした。最近コスった当たりが多かったため、ボールの軌道をギリギリまで見て打つ練習。きちんと芯を打てていれば打球の角度や飛距離まで見れるが、今日は良い当たりが出来ればOKとした。打球角度は低いものの、真芯を捕らえた当たりは外野距離まで持っていく。日々の自重トレーニングで筋力が上がっているので、きちんと当たれば飛距離が伸びている。確実性を増すために、今日のテーマは良かったと思う。しばらく続けていきたい。

 

■2018/04/05(木) 6:45~7:45 曇り(9.7℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・ランニング(公園内一周)
 ・23mダッシュ×2本(時間計測)
 ・キャッチボール
 ・手投げゴロ捕球×30球
 ・手投げショートバウンド捕球×50球
 ・ノック(内野前進位置)×10本
 ・ノック(外野前進位置)×15本
 ・投球練習(カウント打者5人分)
 ・素振り×5本
 ~帰宅

 木曜恒例、神社横公園。気温が低く、移動時のバイクが寒い。今日はキャッチボール後に基礎練習として手投げゴロ捕球とショートバウンド捕球を行った。近所の公園で練習してた頃によくやっていた練習で、この反復で守備力がついたと思う。市営Gで基礎練習が減ったが、病後の不調を回復すべく原点に立ち返ってみた。ゴロ捕球はその場でグラブの指先をきちんと地面につけて正しい捕球姿勢がとれるかの練習、手投げショートバウンドは顔や体を逃げずにグラブにボールが入るまで見れるかの練習をした。距離があり、ライナー性のショートバウンドに逃げの姿勢があったものの、何度も挑戦して捕球できるようになったので切り上げた。
 簡単なノックを一通り行った後、最後は16mを計測してカウント想定の投球練習。近所公園時代はよくやっていた。打者5人想定で、3三振2四球。しかし暴投気味は1球だけで、ボール球も捕球範囲だった。投球フォームとコントロールだけ意識し、球速不問だったが久しぶりに息子は楽しかったようだ。
 打撃練習をする時間が無かったため、後片付け中に息子に素振りをしてもらった。

 

 前日は父有休で2時間練習、その後はナイター観戦で帰宅が22時過ぎだった。新6年生となる息子は入学式準備で登校日だったので、朝練は休養とした。明日は木曜で神社横予定。最近、抜けてしまっている基本動作の反復練習を行いたい。

  

■2018/04/03(火) 8:45~10:50 晴れ(22℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・ノック(ファースト位置)×10本
 ・ノック(ライト位置)×10本
 ・手投げフライ捕球×10本
 ・ノック(ライト位置)×10本
 ・トスバッティング(軟球)×30本
 ・ロングティー(軟球)×30本
 ・ハーフバッティング(軟球)×30本
 ・フリーバッティング(軟球)×30本
 ・ノック(連携)×20分
 ~帰宅

 父が有休取得し、プロ野球観戦予定なので遅めの朝練実施。2時間遅れの気候は快晴で、むしろ暑過ぎるくらい。インナー半袖、その上にジャージ着用の息子も早々にジャージを脱いでも汗だく。
 守備練習では、ライナー性のフライを一度「オーライ」としたのに落下点の目測を誤り後逸する。最近、落下点の判断が鈍っているように思う。捕球姿勢も、「落下点の1歩後ろ」ではなく「落下点」で捕球してしまっているため、目測を誤って少しでも越された場合に対応できなくなっている。近所の公園時代に毎日のようにやっていた手投げフライを行い、もう一度「落下点の1歩後ろ」で待機して捕球する練習を行った。
 一通りのノック練習後、チームメイト1名と合流。見られて緊張したのか、昨日調子の良かった打撃は影をひそめ、コスった当りばかりとなる。たくさんバットを振ったが、やはり4番を打つチームメイトの飛距離は凄いとしか言い様がない。息子と身長が10cm以上違うので体格差もあるが、見せ付けられると実力差を感じる。早生まれの息子は身長は成長年月では平均値であるものの、やはり小学生の生まれ月の差は大きいのだろう。たっぷり練習を行ったが、少し打撃で不安を感じる内容だった。

 

■2018/04/02(月) 6:45~7:45 晴れ(13.4℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・ノック(ファースト位置)×10本
 ・ノック(ライト位置)×5本
 ・ノック(センター位置)×10本
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球)×15本
 ・ハーフバッティング(軟球)×15本
 ・フリーバッティング(軟球)×60本
 ~帰宅

 スタメン落ちショックがあるが、切り替えて朝練実施。守備面は自信回復をさせたいので、打球に必要以上にアタックするよりも「普通」に処理する事を基本としたノックを行う。打球判断が怪しい動きも2本ほどあったが、今日はノーエラーで守備練習を終えた。
 打撃面では少フォーム改造を行う。ちょっと腰を落として重心を低くし、背中をホーム側に少し傾かせてもらった。そのフォームの方が飛距離が出ているようだ。重心を低く構えるのは慣れていないので足腰に負担があるだろうが、疲労が出るまでの前半は快打が多かったと思う。後半はやはりボテボテが多くなり、逆方向にも打球が飛び出す。最後の15球で、少し速いボールを投げると途端に詰り出した。いつもの練習の緩い球と同じ振りをせず、きちんと速いスイングをするように言うと、速いボールでも引っ張って弾き返した。

 

■2018/04/01 (日) 9:30~11:00

 所属連盟の新たな公式戦は1回戦、相手チームは連勝街道に乗っているようで調子が良さそう。しかし、残念ながら息子はスタメンから外れた。

 ほんの少し前まで守備面では引き続き好調で打撃もパワーアップの兆しが出ていたにも関わらず、インフルエンザ発症から調子が落ち、体調が回復しないまま練習参加してエラーを連発し、そこから守備面でもビビりだして復調できていない。

 試合は息子チームが完勝。息子のいないオーダーで完勝したのだから、おそらく次戦も息子の出番は無いだろう。こうなってしまったのは父にも責任がある。いくら朝練で快打を連発しても、チーム練習や試合で結果を出させてあげれていない。首脳陣が息子の快打を見ていないし、守備面でも積極的なエラーでなく、ビビりながら消極的なプレーを見せられては今の息子を使わないのも仕方ない。

 息子の現状をわかっていても、やはり守備固めにすら使ってもらえない現状はショックが大きかった。しかしこうなってしまった以上、再びスタメンに復帰するために頑張って前を向いていくしかない。

 試合終了後はホームに戻って練習。息子の打撃練習は3打数2安打も逆方向と内野安打。引っ張った強い当りを見せ付けてほしい。

 

↑このページのトップヘ