元・少年野球練習日記

中学軟式野球、主力となるべく頑張る息子と父の練習日記

2018年05月

■2018/05/31(木) 6:45~7:25 曇り(19.6℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・手投げゴロ捕球×20本
 ・手投げバウンド捕球×30本
 ・素振り×10本
 ・バント練習(軟球、中間距離)×32本
 ・投球練習×15球
 ~帰宅

 雨上がりの神社横公園。気温より肌寒く、出動時は上下ジャージにウィンドブレーカー着用。新グラブで手投げによるゴロとバウンド捕球の練習。キャッチボールは問題無いが、まだ新グラブではバウンドを弾く事がある。息子に聞いてみたが、まだチーム練習での新グラブデビューは先のようだ。それでも型付けは着実に出来ていると思う。
 軟球は打てないので、バント練習実施。最初は失敗が続いたが、利き手で捕球するような感覚でバントするよう言うと前に転がしだした。後半は走り出しながらのバントも行った。しばらく朝練でバントをしていなかったので、感覚が鈍っているのかもしれない。最後は16m距離で投球練習。時間の関係で少なかったが、ゾーン周辺に全て投げる事ができた。

 

 5/13に公式戦が雨天中止して以来の雨による休養。打撃の調子が戻ってきている矢先なので、室内練習でこじんまりとしたスイングをさせるよりしっかりと休養をして明日以降に備えてほしい。

  

■2018/05/29(火) 6:45~7:25 曇り(21℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・ノック(ファースト位置)×10本
 ・ノック(センター位置)×10本
 ・投球練習×15球
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×16本
 ・ハーフバッティング(軟球、上投げ)×16本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×32本
 ~帰宅

 キャッチボール回数を減らし、一通りのノックの後にちょっとだけ投球練習。外野手の息子、ワインドアップの際に軸足を一度上げてからプレートを踏むため、それを矯正する目的で行った。朝は割りと良い投球が出来ている。
 打撃系はゴロ病罹患以前の状態に戻ったと判断して良いと思う。下投げトスの打撃は好調。構えのクラウチングと早めに軸足に体重を乗せて「待つ」間がとれているため。上投げハーフ打撃で最初の数球がボテボテになったが、距離や投球が変わったからといって自分のフォームや間を変えずに、下投げトスと同じフォームで打つよう言うとライナーが打てるようになった。ロングティーも飛距離が戻る。今はネットまで約40mの位置でロングティーを行っており、快打でネット中段まで届いている。複合バットではなく金属バットで、投球の反発が無い状態でそこまで持っていけているのであれば、後は確実性を高めていきたい。

 

■2018/05/28(月) 6:45~7:25 曇り(20.4℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・バウンド捕球(内野距離)×10本
 ・手投げバウンド捕球(外野前進距離)×20本
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×32本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×32本
 ~帰宅

 今日も先週金曜と同じメニュー。バットで打った内野距離のバウンドに足が止まらず捕球する練習、手投げによるバウンドで後逸せず捕球or前に落とす練習。まだ顔が仰け反るし、ポロリするが後逸は1球のみ。怖がらずに前に落として長打を許さない守備を身につけたい。
 トス打撃はクラウチングスタイルで打球が上がる。ロングティーも前半調子よく、飛距離も元に戻りつつある。後半バテてミスが多くなったが、フォームが定着していれば多少疲れていても快打となるはず。まだまだ定着していないし、実際に言わなければ上体が上がってくる。それでも先週罹患したゴロ病が治っている事を喜びたい。

 

■2018/05/27 (日) 12:30~17:00

 5年生の公式戦は大勝したようで、チーム練習前半はまだ帰還せず学童チームは6年生のみで練習を先行。1打席限定の打撃練習&守備練習でエース右腕君と対戦。甘いコースだったにせよ、ショート頭上を越えるライナーで弾き返してレフト前ヒット。引き続き、固くならずに朝練でやっている事を発揮できるようにして欲しい。守備はファーストについていた。走塁で三塁上にいる際、二塁ランナーが二~三塁間で挟まれている時にずっと三塁上に立ったままだった事で叱責を受ける。常にボールの所在確認と次の塁が空いているかの隙をつき、陽動して二塁走者を生かす事もできたはず。走塁だけはチーム練習でないと身につかない。怒られて落ち込むのではなく、次はミスしないよう心がけてくれればよい。
 5年生帰還後は昨日に引き続き5年生が打撃、6年生が守備練習。外れている間は端っこで短距離ノック。最後は6年の前回公式戦出場メンバーのみでシートノックだったが、欠席が1名いたので空いたレフトに息子が入る。あまりレフトはしていないが、左投げで守れる守備位置はどんどん積極的に入って守れる事をアピールすればよい。

 

■2018/05/26 (土) 12:30~17:00

 4年生以下のCチームが練習試合でグラウンド半面が空き状態、明日に5年生チームが公式戦という事で、5年生がメインで打撃練習、6年生は守備についての実戦形式練習。守備位置の重複する6年生は交代制で、外れている際には空きスペースでノックを受けていた。息子の守備動作は今日も問題なく、少しは積極的にチャレンジしていたと思う。
 打撃練習は3打席、セカンド右横を抜ける2塁打、ファースト左奥に落ちたポテンヒット、サード正面で外野へ抜けた(強襲ヒット?エラー?)当りで全打席出塁。何にせよ、自信を持って固くならずに振る事の兆しは出てきているのではと思う。根拠の無い自信は過信だが毎日誰よりもバットを振っている事を根拠に、自分を信じる=自信を持って良いはず。

 

■2018/05/25(金) 6:45~7:25 晴れ(18.6℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・バウンド捕球(内野距離)×10本
 ・手投げバウンド捕球(外野前進距離)×20本
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×32本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×32本
 ~帰宅

 いつも手投げによる内野距離のショートバウンドを捕球するのは上手なので、今日はバットで打ったバウンドを突っ込んで捕球する練習。それがショートバウンドであってもハーフバウンドでも構わず、捕球する事をメインにした。2度ほどバウンドが合わずに足が止まったが、それ以外は捕球できていた。同じ練習を外野前進距離で手投げで実施。これは距離があるため、真正面のフライでもグラブだけで捕球しに行こうとし、逸れたら後逸する。恐怖心を克服するため、体をフライのラインに入れてボールをグラブに当ててでも前に落とすような練習。まだ顔や体が仰け反るものの、何とかフライのラインに体を入れてグラブに当てる事が出来始めた。
 打撃系はゴロ病が回復傾向にあるものの、ボールの芯を外す事も結構あった。ボールのやや下を叩いているようなスピンが多く、硬式球なら良い角度で打球が上がるだろうが、軟式なので芯に当てないと飛ばない。ロングティーも好調時より2~3mは飛距離が足りておらず、ネットの下部に届くのがやっと。ゴロ病が完全回復したと判断できるまでは、打球角度を上げる練習を行っていきたい。

 

■2018/05/24(木) 6:45~7:25 晴れ(18.2℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・手投げゴロ捕球×20本
 ・手投げショートバウンド捕球(至近距離)×15本
 ・手投げショートバウンド捕球×15本
 ・素振り×10本
 ・投球練習×10分
 ~帰宅

 午前3時頃に止んだ雨、始動時は快晴も蒸し暑い。今日は神社横公園で手投げによる守備練習を実施。ゴロ捕球も外野手取りできちんとグラブの指を地面につける事の反復練習。手投げショートバウンドは2mほどの至近距離でバウンド後にすくい上げる事をした。息子は簡単だと言っていたが、簡単であっても基本練習は大事だと思う。その後、いつも通り(内野距離程度)のショーバン捕球練習も実施。
 打撃系は素振りのみ。昨日の打球が上がり出したスイングを意識してもらう。最後は息子希望の投球練習。良い球がバンバンきていたし、コントロールも大きく外したのは1球のみで、後は全て捕球範囲内。カウント想定も四球なしで収まった。バッティングピッチャーくらいは出来るのでは?とも思うが、こればかりは希望しても叶うものではない。

 

■2018/05/23(水) 6:45~7:25 少雨(19.2℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・ノック(ファースト位置)×10本
 ・ノック(センター位置)×10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×32本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×32本
 ・ハーフバッティング(軟球、上投げ)×16本
 ~帰宅

 市営Gの、いつも練習している場所に先客有り。反対側に移動してキャッチボール開始。明日が雨予報なので、きちんと守備練習をすべく旧グラブを使用。ファースト位置ではバウンドを突っ込んで捕球する練習をした。センター位置で大きなフライを打ち上げるべく頑張るが、アッパースイングが出来ない父がことごとく失敗。諦めてライナーフライを打ってのノックを行った。
 打撃系はやっと改善の兆しが出てきており、打球角度が上がり出した。きちんと待つ姿勢と、練習時に好調だった時の打撃フォーム(クラウチング)を行ったため。続けていくうちに姿勢が上がって弾道が低くなるものの、打球紛失以降のゴロ病にかかった底からは脱したと思う。ロングティーも打ち上げOKで打球角度の改善をメインとした。ネットに届かない打球も結構あったが、ボテボテのゴロよりはマシとした。ホームラン打者ではない息子だが、内野手の頭を越える程度の打球角度は欲しい。もう少し打球角度を意識した練習をして、元に戻れば改めて上投げ投球を打つ練習を再開したい。

 

■2018/05/22(火) 6:45~7:25 晴れ(17.1℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・ノック(ファースト距離)×10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×48本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×16本
 ~帰宅

 先週のボール紛失から打球が上がらずゴロばかり打つため、ネット上部にライナーを打つ意識でトス実施。しかし前半は叩きつけゴロばかりだが、「叩きつけている」に言及せず「ネット上部にライナーを打て」と言う。打撃フォームをクラウチング気味にしてから練習では快打連発だったが、ここ最近はクラウチングもしてなくなっているので、元に戻すよう言うと少しは打球が上がり出した。今日はロングティーであえて打ち上げる事を指示。打ち上げる事を意識して打った打球が先週前半の調子の良い打球角度とイコール。打撃フォーム改造に着手しだした去年後半の大きく足を上げるフォームが出始めている。下半身が安定してタイミングが取れているのであれば問題ないが、それでタイミングが取れずグラグラするため足上げを小幅に改造したのに、何故か元に戻りつつある。何とか先週までの調子に戻してあげたい。ゴロ病が治れば、その辺も良い時のフォームに戻る事を期待したい。

 

↑このページのトップヘ