元・少年野球練習日記

中学軟式野球、主力となるべく頑張る息子と父の練習日記

2018年05月

■2018/05/11(金) 6:45~7:25 晴れ(11.7℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・手投げゴロ捕球×15本
 ・手投げフライ捕球×10本
 ・投球練習×15球
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×34本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×34本
 ・トスバッティング(軟球、上投げ)×17本
 ~帰宅

 朝の冷え込みが激しく気温より体感は寒い。今日は新グラブで手投げによるゴロ捕球を外野距離で行う。きちんとしゃがみ込んで捕球する事や、ゴロの捕球地点を予測して早めに捕球準備をする事など。投手志望の息子なので、少しだけ投球練習を16m距離で行った。日頃の筋トレ、特に背筋の効果で球速はおそらく上がっている。あえて投手の指導は何もしていないので、きちんとした指導を受ければもう少し様になるかもしれない。
 打撃系は最初は好調で、序々に凡打になり意識すべき事を言うと調子が良くなるいつものパターン。きちんとすべき事を意識できている間は良いので、これを定着させたい。今日は全体的に弾道が低かったものの、芯に当たっている事の方が多かった。最後の上投げトスで高めのボールを振り下ろして引っ掛ける事が多かったので、高めでも素直にバットを出すように言うとライナー性を打てた。ゾーンの判定が出来ればいいが、手を出すならきちんと弾き返してもらいたい。

 

■2018/05/10(木) 6:45~7:25 曇り(12.5℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・手投げショートバウンド捕球×15本
 ・ファースト想定捕球×15本
 ・ノック(内野前進距離)×10本
 ・ノック(外野前進距離)×10本
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(穴あき練習球、上投げ)×15本
 ・ペッパー(軟球)×10本
 ~帰宅

 3月下旬並みの冷え込みに冬用上着で神社横公園。守備練習がメイン。ファースト想定で他の内野からの送球を捕球する練習をするが、何でも塁について捕球しようとするため少し逸れた場合に届かず後逸する事があった。送球が塁について捕球できないと判断した場合に離れても逸らさない事が必要だが、内野経験が乏しい息子はまだとっさの判断がつかないようだ。落ち込む息子だが、これは「出来ない事」を練習しているので失敗して良い。少しづつ感覚を養い出来るようになればいいので、どんどんチャレンジして欲しい。
 打撃練習は穴あき練習球で上投げトスをしてみたが、いつもと違うのか思う通りの打球とならなかったようだ。早々に終了し、ペッパーを10球ほど行って時間切れ。明日の市営Gで打撃練習をしたいと思う。

 

 今週二度目の雨天休養。父が起床時に外を確認すると降雨継続中だったので息子の目覚まし時計を再セット。打撃が課題だが、明日は神社横公園なので軟球を打てず。穴あき練習球での練習をやろうかとも思う。

  

■2018/05/08(火) 6:45~7:25 曇り(16.9℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・手投げフライ捕球×10本
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球、上投げ)×17本
 ・ロングティー(軟球)×34本
 ・ハーフバッティング(軟球、上投げ)×34本
 ・トスバッティング(軟球、上投げ)×15本
 ~帰宅

 市営Gの状態は水溜りが一部だけ、しかし全体的に緩い。守備練習は手投げフライだけとし、早々に打撃練習。いつもトスを行う場所も少し踏ん張ると緩むので、少し場所を変えて上投げトスから実施。トス・ロングティーも快打を連発する。ハーフ打撃は逆に凡打が多くなったが、これはノーコンの父の投球に対してボール球を打って引っ掛けているため。ゾーンの判定をしっかりし、1回のボール袋(17球)でストライクが数球であっても、それを確実に打つ方が狙い球を絞る練習にもなる。バカスカ何でも手を出す事が良い練習とはならず、良い状態を崩すだけとなる。父のノーコンを直すべきなのだが、的が無い空間にストライクを投げるのが結構難しい。最後は上投げトスをしたが、取り組んでいるタイミングとボールを見続ける事をすればハーフ打撃とは異なり、良い当りを再度放つ事が出来た。

 

 前日夜から降り続く雨のため、雨天休養。GW練習皆勤賞の息子にとっては恵みの雨だろう。明日からまた課題に取り組んでいきたい。

  

■2018/05/06 (日) 12:30~17:00

 長かったGWも最終日、息子は少年野球GW皆勤。練習は朝練で毎日継続しているが、チーム練習はまた別であろう。これで何かを掴んでくれればと思う。この日は5・6年の内野連携練習に費やされ、息子を含む外野手は全て走者役であった。練習や試合では旧グラブを使用している息子だが、修復した部分がまた破れてしまう。早く新グラブが使えるようになって欲しいが、まだまだ固いし弾き気味。
 最後の縦ノックでは強風に煽られて打球判断が難しく、いつもよりミスが多かった。風を読めるようにもならなければいけない。

 

■2018/05/05 (土) 13:30~14:50

 同市だが所属連盟の異なるチームと練習試合、公式戦後のGWとあって6年生は欠席3名、それでも13名の大所帯。相手チームは6年生が少なく過半数が5年生だが、前日の敗戦で出た課題が克服できるか?そんな練習試合に「8番ライト」で先発出場。

 試合は先攻、先頭打者が四球で出るも牽制死したり、三塁打の走者がいる場面で三振ゲッツーと悪い雰囲気が出始める。守備でも同じく四球とエラー、ヒットが重なり打者一巡の4失点。

 息子の第一打席は走者2・3塁。ヒットエンドランのサインが出るも、読まれたのかボールを大きく外され飛びつくも空振り。三塁走者刺殺となる。その後は引っ張って一二塁間に転がすも、ライト前方まで二塁手が追いつきファインプレーで結果的に二塁ゴロ。たとえライトが捕っていてもライトゴロだったかもしれない。

 途中の攻撃で相手投手が制球に苦しみだし、連続押し出しで序々に得点を返す。息子直前の打者が三振に倒れて、息子は次回の先頭打者。やはり実打での悪い癖である硬直してタイミングがずれてしまい、力無いショートフライに倒れる。

 いつもの展開であればここで他の子に替えられるシーンだったが、この日は最後まで出場させてもらえた。そして一死2・3塁の場面で、痛烈なセンター前ヒットのライナーを放ち、打点を記録した。やっと、朝練やバッセンで息子が放っているライナー性の当りが出てくれた。今シーズン初めてのクリーンヒット。たった1本で評価が急上昇する事など無いと思うが、息子にとって再スタートの足がかりとなってくれる事を期待したい。

 次回にも打席が回り、四球出塁。得点は記録できなかったが、終わってみれば9-4で逆転勝利した。最終回の守備の雰囲気も以前の勝っていた頃に戻ったようで、少しは雰囲気がよくなったと思う。

 試合後は5年生の試合を横目で見つつ、軽めのノックを行った。

 

■2018/05/04 (金・祝) 10:50~12:00

 隣市連盟主催の公式戦は3回戦。相手はネット上で情報が少なく詳細不明。息子チームの急成長株君のケガの影響もあってか、息子は「8番ライト」で先発出場。

 試合は後攻。立ち上がりは両チーム0点で始まるも、2回にエラー走者を何でもない一二塁間の凡フライを一塁・二塁が譲り合って二塁手前に落ち、その間に1失点。

 3回にはクリーンナップ以外はほぼバント、これを拙守も手伝ってアウトに出来ず、クリーンナップに走者を返される息子チームの弱点をついた攻撃で一挙に6失点。

 息子の打席はその攻撃後、雰囲気に呑まれたのか空振三振を喫した。5回にも連続ライト前ヒット、牽制の間に三塁走者が還ったり、スクイズされ打者を殺せずヒットにしたりと2失点。

 最終回の息子チームの攻撃、ヒット走者と四球で2者がいる場面で息子の打席だったがケガの急成長株君が代打に出て、最低限の内野ゴロで1得点。一矢だけ報いた。その後は三振とパスボールの間に三塁走者が突っ込みアウトで終了。気がつけば5回点差コールド負けとなった。

 息子はライトでの守備機会が多くミスは無かったが、唯一の打席で結果が出なかった。敗戦は悔しいが他の大会には持ち込まず、切り替えて挑んでほしい。息子も打撃の調子を上げてほしい。

 

■2018/05/03 (木・祝) 12:30~17:00

 翌日に公式戦を控えてのチーム練習、シートノックが行われ、息子はライトに入る。ここでは守備を無難にこなす。内野連携の練習の際は息子は走者役であった。打撃練習では2ストライク想定で3の0。やはり、実打の際のタイミングのズレでヒットゾーンより奥のバットが真っ直ぐになる前に当たるため、逆方向の凡フライとなってしまう。唯一、ショート後方の当りにショートの好捕でアウトになった当りはまだマシであった。
 最後の縦ノック後の守備位置についたノックでセンター位置、エラー後に焦って同じミスを繰り返してしまう。切り替えができればいいのに、いつも引き摺ってしまう。やはり精神面が一番の課題なのだろう。

 

■2018/05/02(水) 6:45~7:25 曇り(19.2℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・ノック(ファースト位置)×5本
 ・ノック(センター位置)×10本
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×17本
 ・トスバッティング(軟球、上投げ)×34本
 ・ロングティー(軟球)×17本
 ・ハーフバッティング(軟球、上投げ)×34本
 ・トスバッティング(軟球、上投げ)×5本
 ~帰宅

 どんよりした曇り空、昼から明日朝まで雨予報。今日も打撃メニュー重視で守備練習は軽め。センター位置でハーフライナーに待ったのは良いが、イレギュラーに対応できずに後ろに逸らした打球があった。待つのであれば、バウンド直前にいるのではなくイレギュラーにも対応できる場所で待てる判断ができてほしい。エラーをしてもそれを経験にして欲しい。
 打撃メニューは昨日に引き続き、タイミングとボールを見る事を意識しての練習。父が都度言っているので、今日も打球は良い当りが多い方だと思う。打球角度が低いが、今はそれより芯を捉える事とタイミングを合わせる事の方が優先。タイミングが合えば、少し芯を外しても鋭いゴロで抜けていく事もある。最後の上投げトスで、5球芯を捉えたら終わろうと提案し、きっちり5球で終われた。

 

↑このページのトップヘ