元・少年野球練習日記

中学軟式野球、主力となるべく頑張る息子と父の練習日記

2019年02月

■2019/02/17 (日) 8:30~11:15
 卒団式当日、6年生最後のチーム練習。昨日に続き新チーム監督のご好意で、昨日の紅白シート打撃のチーム編成で紅白戦を実施。6年生はチームのユニフォームを着て最後の試合となる。公式戦では緊張でフルスイングできなかった選手も伸び伸びとプレイし、ずっと控えでボールボーイをしてくれていた選手が登板し、1イニングを無失点に抑えるなど楽しそうにしていた。息子も良い当りがアウトになり、ドン詰りが内野安打になるなど。息子チームが大幅リードしていたが、途中登板した副キャプテンが味方の拙守とヒットが重なり逆転される。息子は登板すべくキャッチボールをしていたが、時間切れで終了。登板はならなかった。
 最後は6年生のみで少しの時間だったが6年チーム監督によるシートノックが行われ、1本バックで選手一人一人が背番号、名前、一言メッセージを叫んでバックホーム。息子も緊張で噛みながら叫んで、しっかり最後にエラーをしでかした。終了後、監督と一人一人握手し、コーチ陣とハイタッチをして学童軟式野球チームの選手としての練習を終えた。

 



■2019/02/16 (土) 12:30~16:30
 4・5年生の新チーム監督のご好意で、6年生も混合で2チームに分かれてのシート打撃。全員で40名近くを各自3打席回す。息子が対するチームは1イニング毎にコーチと選手が交代で投げており、息子はコーチからライト前ヒット(ライトゴロ寸前)を放っていた。やはりJ号球だといつもより飛ぶようで、アウトになるもコーチとの試合(M号球)より打球は良かったと思う。1イニングだけ登板したが、それなりに打たれていた。

 

■2019/02/15(金) 6:45~7:25 曇り(0℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・ノック(センター位置)×10本
 ・素振り×計15本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ、マスコット使用)×44本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×22本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×22本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×5本
 ~帰宅

 極寒の中、学童軟式野球選手として最後の朝練。今週末にチームを卒団し、中学入学までは無所属の期間となる。父との自主トレもいつまで続くかわからないが、やるべき準備は怠る事なくやっていきたい。
 今日もパワー不足を補う意味でマスコットバット使用。重いバットを扱うために下半身主導で動いてほしいが、まだ上半身主体でバットに振られている。ヘッドが落ちるまでには至っていないので、重さに慣れて扱えるようになってほしい。バットを元に戻してのロングティーも飛距離は伸びず。ダウンスイングでボールの真ん中より下を叩いてスピンをかける、硬式球なら理想的な当て方をしているが、軟式では飛ばない。絶好調時のようにレベル~アッパーになっておらず、ダウンのまま手首を返すのが早いようだ。真っ直ぐ当てにいき、フォロースルーを自分の打ちたい打球角度にするよう言うが、なかなか元のフォームに戻らない。

 

■2019/02/14(木) 7:00~7:20 曇り(3.0℃)
 ・ストレッチ
 ・ウォーキング
 ・ジョギング
 ・ウォーキング
 ・クールダウン
 ※計1.70km

 これまでのジョギング経路を逆にする。終盤に登り坂だったのを、序盤に下り坂とした。トータルで言うと緩やかな登りの方が多くなるが、こちらの方が楽に走れるような気がする。今日はいつもよりペースが早かったようで、距離は100mほど伸ばしたが息子も頑張ったと思う。

 

■2019/02/13(水) 6:45~7:25 曇り(4.0℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・ノック(センター位置)×10本
 ・素振り×計15本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ、マスコット使用)×44本
 ・ロングティー(軟球、下投げ、マスコット使用)×22本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×22本
 ~帰宅

 先週のチーム練習で久しぶりに縦ノックをした際、外野ゴロを全て腰を落として正面で捕球する(内野手捕球)をしていたが、反面グラブを外側から出して捕球する(外野手捕球)がまったく出来なくなっていた。その修正を実施。ボールが来たタイミングでグラブを出すため、タイミングがズレると合わずに遅れる。なので自分の捕球範囲に入ったと思った時点でグラブを出す事、直接ゴロに直線で入らず、まずはゴロのラインに入ってから捕球するよう言う。それに気をつけて行ったゴロ中心のノックで以前のような動きに戻った。
 打撃に関しては、パワーアップに取り組む事とした。なのでマスコットバットを使用して素振り+トス実施。良い当たりが少ないのは仕方ないが、フォームを崩さず、かつグリップを長めに持ってバットに振られないように気をつけた。最後のボール1袋分はバットを戻してロングティー。打球速度はあるが、相変わらず飛距離は足りない。上下に伸び上がる癖も出ていたので、思い切って膝を大きく曲げて(西武森選手のような)下半身に重心を置いたフォームで打ってもらうと、ネット際ギリギリまで到達するもネット接触なし。すぐに結果は出ないが、息子自身が下半身の力を少しでも使えるよう意識してほしい。

 

■2019/02/12(月) 7:00~7:20 曇り(5.0℃)
 ・ストレッチ
 ・ウォーキング
 ・ジョギング
 ・ウォーキング
 ・クールダウン
 ※計1.60km

 先週は息子の体調不良により回避していたジョギングを実施。息子は3回目で父は6回目。やはり先週の体調不良のせいか、体は軽くないようだ。それでも走りきり、寒空の中で頭から湯気が出ていた。

 

■2019/02/11 (月・祝) 12:30~16:30
 卒団イベントの一つ、コーチ陣+保護者との壮行試合。天気運の悪い6年生チーム、最後の最後までその運は変わらず小雨と雪の混じった天候。息子は6番センターで出場するが、打撃オーダーは全員出場。M球を使用している事もあるが、息子は全打席ヒットなし。唯一、ショートライナーがあったものの子供の頭を越す高さも大人の身長では余裕のライナーだった。3イニング目に息子が登板したが、コーチ陣相手には絶好の打ち頃のボールのようで、ボコボコに打たれていた。息子に限らず選手のほぼ全員が試合勘、打撃勘が狂っておりほとんど良い当りも無いままコーチ陣の圧勝で終わった。

 



■2019/02/10 (日) 12:30~16:30
 4・5年生の新チームが練習試合で遠征に出たため、空いたグラウンドで久しぶりの打撃練習。各人5スイング×2回で全員を回すだけで結構な時間を費やす。他と異なり選手数には困らないチームだったが、その反面2学年合わせて30名近くをグラウンド1面だけで練習させるには、今更ながら練習量が不足していたんだと思う。
 投手はコーチ陣で回していたが、打ち終わった選手が空いたポジションを埋めていく方式だったため、普段入らないポジションに喜んでいる選手もいた。

 

■2019/02/09 (土) 12:30~16:30
 卒団を翌週に控えての3連休、初日は校庭の隅で体力強化の筋トレや砂場で反復横飛び+左右に投げられたボールを捕球するハードトレ。その後は4・5年がノックを始めた輪に加わる者や砂場で遊ぶ者など半自由行動となり、息子はチームメイトと交代で投球練習を繰り返していた。

 

■2019/02/08(金) 6:45~7:25 曇り(5.0℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・ノック(内野位置)×5本
 ・ノック(外野位置)×5本
 ・素振り×計15本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×44本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×22本
 ~帰宅

 息子の風邪により、中3日空く。市営Gは水捌けの悪い場所がぬかるんでおり、いつもと場所を変えて始動。最初のトス打撃がゴロやバウンドばかりなので、2袋目開始前にスマホで絶好調時の動画を見せて、この時のタイミングの取り方とフォームをするよう言う。その後は快打率も打球角度も上がる。やはり、息子は軸回転で打つ方が合っているようだ。散々、口頭で説明した内容とスマホ動画に映る好調時のフォームが同じなのだが、やはり一見は百聞に…なのだろう。打撃練習前に毎回見せるのも有りかもしれないし、ネットの見本動画を見せるのも必要なのかもしれない。

 

↑このページのトップヘ