元・少年野球練習日記

中学軟式野球、主力となるべく頑張る息子と父の練習日記

2020年11月

■2020/11/30(月) 6:50~7:30 晴れ(4.5℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・ウォーキング
 ・キャッチボール
 ・キャッチボールラリー(10往復)
 ・投球練習×15球
 ・グラブトス練習×5本
 ・トスバッティング×8本
 ・ロングティー×25本
 ~帰宅

 テスト明けで自主トレ再開。予報より2℃ほど低く移動時に震えるほど。今日は部活無しとの事で軽く投球練習実施。制球も良く、変化球もキレがあったように思う。
 守備練習は投球動作から捕手側へグラブトスを5本。前回の公式戦で真正面のバントをグラブトスでスクイズを阻止して自信をつけたようだが、トスで手首を返してしまう癖があるのでフワっとしたトスになりがち。きちんと手首を固定して早いトスをする練習とした。
 打撃は気温と体が温まっていない事もあってか飛距離はいまいち。しかし先週指摘したような打球の弱さや角度の無さは改善され、ヒット性が多かった。

 

■2020/11/24(火) 6:50~7:30 晴れ(6℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・ウォーキング
 ・キャッチボール
 ・牽制練習(ファースト)×10本
 ・ノック(投手、ファースト)×10本
 ・トスバッティング×5本
 ・ロングティー×25本
 ~帰宅

 テスト期間中だが、先週水曜から何もしていないため感覚維持目的で自主トレ実施。今週は今日限りで、金曜のテスト終了後から部活再開らしい。今日も牽制の練習を行い、ノックは投手位置7、ファースト3で実施。先週調子の良かった打撃だが、今日は打球速度も飛距離もいまいち。それを指摘したのが勘に触ったのか反発し、父も少し腹が立ったので残り数球で切り上げた。

 

 昨日、朝から昼にかけて土砂降りの予報。なので事前に自主トレ中止を決めたが起床してみれば地面が薄ら湿っている程度。これなら出来たと思うが仕方ない。テスト期間中ではあるが感覚維持も必要なので、週明けに1回自主トレを行うべく息子に提案してみようと思う。

  

■2020/11/18(水) 7:50~7:30 晴れ(13.5℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・ウォーキング
 ・キャッチボール
 ・キャッチボール(ファースト牽制姿勢)
 ・投球練習×約25球
 ・トスバッティング×5本
 ・ロングティー×25本
 ~帰宅

 高気圧の影響で程よい気温。テスト期間突入のため部活は休止。なのでキャッチボール後に投球練習実施。ストレートは問題無いが、変化球にバラつきあり。ストレートと同じフォームで投げる際には良い変化となるが、小手先で操ろうとするとフォームがバラつき、制球も乱れる。きちんとした変化球を操れるようになれればもう少し投球に幅を持たせられるだろう。
 打撃は今まで言っていた肩口からレベルアッパーを意味は同じだが別の例えで伝えた事が功を奏したのか、好調。ネット接触も3本ほどあり、息子も好感触を得たようだった。

 

 日曜日に先発し7回完投した息子。さすがに疲労回復を優先させた方が良いと判断し朝練回避で休養。しかし初先発の翌日と比べると筋肉痛を訴える頻度は少なくなってきた。

  

■2020/11/15 (日) 9:00~10:30
 公式リーグ戦第4戦は予選リーグ最終戦。5校でのリーグ戦なので他校の試合が来週にあり、この試合に勝ってもまだ次ステージ進出の是非はわからない。かなり気温の低い中で試合は先攻。息子は「2番投手」で先発出場。
 1回表に1番打者のヒット・盗塁で無死2塁の状況で息子の打席。送りバントをきちんと決めて3塁に走者をすすめる。続く3番のヒットで早々に先制点を取得する。
 1回裏の息子の投球が明らかに球威が無く制球も良くない。試合開始前にただ開始を待っていただけで体を温めておらず、思うように体が動かないように見えた。四球で出した走者を盗塁、パスボールで3塁に走者を進めてあっさりスクイズで同点とされた。その後出した2人の走者を共に捕手の牽制で刺してもらい、助けてもらう。
 しかし2回から序々に調子が戻ってきたのか3者凡退。3回はエラー出塁で1死3塁の状況。スクイズを息子がグラブトスでホームで刺す好プレーでピンチを脱した。4回・5回ともに3者凡退で抑える。6回に先頭打者の代打がレフト2塁打で出塁を許すがこれも後続を抑えて7回表の攻撃に望みを託す。
 7回表の先頭代打の1年生が死球出塁し、8番打者のヒットで2死2・3塁で3打数3安打の1番打者が2点2Bを放ち待望の勝ち越し。息子もその勢いに乗り快心の当たりを放つがセンター真正面のライナーで倒れた。
 立ち上がり最悪だった息子の状態も尻上がりとなり、最終回は3者三振で打ち取りゲームセット。薄氷の勝利となった。3勝1分の予選リーグ。他校の状況次第となるが、次ステージに進出できるよう祈りたい。
 ヒットを打てずに嘆いていたが、得点に絡むバントを成功させ凡打も進塁打があり、ジャストミートをした打球もあったので前向きに捉えてほしい。

7回97球 被安打3 四球1 奪三振8


 

■2020/11/13(金) 6:50~7:30 晴れ(13℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・ウォーキング
 ・キャッチボール
 ・手投げフライ捕球×10本
 ・ショートバウンド捕球×25本
 ・ノック(ファースト位置)×10本
 ・ファースト牽制練習×10本
 ・投手フィールディング練習(カバー)×5本 
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×20本
 ~帰宅

 公式戦前なので投球練習を回避。投手か野手かどちらの可能性もあるので守備練習をメインとした。ショートバウンドの捕球が良く、ショート位置からファーストへの送球も難なく捕球できていた。投手の際にファースト方向へのゴロのカバーリングの意識が無いため、ファーストからトスを受けてベースに入る練習も行った。走者がいる際はクイックで投げるので、同じタイミングで右ひざを軸足に入れずに牽制する練習も行う。
 打撃はネットトスのみでフォーム確認を行う。特に問題なさそうに思った。

 

■2020/11/11(水) 6:50~7:30 曇り(7℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・ウォーキング
 ・キャッチボール
 ・キャッチボールラリー
 ・投球練習×10球
 ・素振り×約10本
 ・トスバッティング×5本
 ・ロングティー×25本
 ・バント練習×25本
 ~帰宅

 投球練習は10球のみでフォーム確認。静止した際の構えが少しメジャーリーガーのような前傾姿勢が出ており、そのせいで軸がブレているように見えたのでもう少し背筋を伸ばして軸を真っ直ぐにする意識を持ってもらう。そうすると左右の制球が良くなった。
 打撃はミート重視。凡打はアウトコースやボール球を打った時に多い。選球眼は良い方だと思うが、更に打つべく球を打てるように練習でもコースを意識できればと思う。
 時間が余ったのでバント練習。バントフォームも少しづつ良くなっている。転がすボールの強さが調度良くなってきているが、まだ転がす場所までは自由自在に操れていないようだ。

 

■2020/11/09(月) 6:50~7:30 晴れ(12℃)
 移動~
 ・キャッチボール
 ・ノック(ファースト位置)×10本
 ・ファースト捕球練習×5本
 ・投手フィールディング練習(サード送球)×5本
 ・牽制練習×15本
 ・トスバッティング×5本
 ・ロングティー×25本
 ~帰宅

 先週の公式戦はファーストで出場。今後も同様のケースが考えられるので簡単なファースト位置でのノックと捕球練習を行う。投手練習はフィールディングと牽制。やはり牽制の意識が「刺す」事にあるようで、そうではなく「走者を釘付けにする」事だと説明する。それが出来てから刺す事を考えるべきで、走られないような牽制を磨いて欲しい。
 打撃は3戦連続ヒットの調子をキープすべく、ミートとフォロースルーを意識しての練習。意識が薄れると打球角度が低くなるため、練習では上げる意識でやって欲しい。

 

■2020/11/07 (土) 9:00~10:30
 公式リーグ戦第3戦、相手は部員数がギリギリの中学校。息子は投手ではなく「2番ファースト」で先発出場。後攻で始まった試合は先発投手の連続四球で押出しと走塁でかき回されて2点を先制される。
しかし1回裏の攻撃で1番がエラー出塁、2番の息子も四球出塁で3番が前進守備のショートエラーを誘い2点取得で同点。更に2塁走者の3番の三盗が悪送球を誘い逆転に成功。
 息子の第2打席は3回裏。1番のヒットで出塁・盗塁で2塁走者の状況で右打ちして二ゴロながら進塁打とする。その走者を3番が内野ゴロで返し、一塁の捕球エラーで出塁。4番のヒットも出て得点。
 第3打席は1死2・3塁の場面で初球をライトに弾き返し3塁打。その後も猛攻を見せ代打攻勢が出来る状況となり、公式戦初出場の子も代打や代走で3名出場。2-10でコールド勝ちが迫る状況で息子は一塁からライトへシフトチェンジ。投手も1年生が登板し、ヒットを浴びるも無得点に抑えてコールド勝ちとなった。
 投手としての登板は無かったが、1安打1四球2得点2打点の活躍。守備動作も問題なく、リーグ戦が始まってから毎試合安打を記録している。引き続き好調をキープし、次ステップに進出して欲しい。

 

↑このページのトップヘ