■2017/10/31(火) 6:45~7:30 晴れ(7℃)
 ・ストレッチ
 ~移動~
 ・キャッチボール
 ・手投げショートフライ捕球~返球×20本
 ・素振り×20本(バットウェイト×10本)
 ・投球練習×20球
 ~帰宅

 自宅からバイクで2~3分ほど走った所の用水路沿い、小さな公園スペースに移動。ここは周囲に住宅が無く朝から隣の会社のダンプカーが動き出す場所なので、それらより小さな捕球音に対して周辺住民に騒音で迷惑は掛からないと思われる。少し移動時間は掛かるし、地面も斜め&ボコボコ。古く錆びた遊具もあるので塁間距離すら満足にとれない。それでも、一番の守備練習であるキャッチボールができる事のメリットの方が大きい。
 移動後、キャッチボールを実施。最大距離は18m程度。その後は手投げフライでライトフライ~一塁送球を仮定して捕球後の一塁送球動作を練習。相手の捕球範囲外への送球が二度あったが、焦らずに捕球からキチンとステップし、一塁送球してノーミス+相手が楽に捕球できる範囲の送球が優先である事を教える。ライトフライから一塁送球は、一塁走者が飛び出ていた場合に併殺を狙うためのもので、ここで送球エラーで走者をすすめてはかえってピンチになる。キチンとした動きで焦らず正確に一塁送球し、そこでセーフであっても帰塁できた走者が早かったのであって、ミスではない。アウトに出来なかったからといって監督コーチは怒らないから、正確さを優先してほしい。
 新練習場所は縦長で横はフェンスがあるものの用水路、反対側は斜面なのでボールが散る事は厳禁。なのでバットは持参したものの素振りのみ。残り時間は16m計測し投球練習を行い、7:25を過ぎたあたりで終了し、帰宅準備。そのままバイクで帰宅すると時計は7:29だった。