前日昼過ぎから発症した息子の症状にインフルの可能性を疑い、日曜診療を行う病院で診察。検査キットの長い綿棒が苦手な息子だが、我慢して受診。結果、インフル陰性で風邪薬を処方される。
 チーム練習はあったが症状が改善されないため、無理して風邪をこじらせる事になってはいけないので当然不参加。今シーズンのチーム練習、数少ない皆勤賞だった息子の皆勤も途切れる。一日の遅れは症状の改善後に、父との自主トレで挽回していくしかない。
 息子は土曜の発症から今日の朝まで食事も取れない状態だったが、受診後の昼食にうどんを出されると汁まで全部たいらげ、薬の服用も手伝ってか夕方には快方に向かい寝る前にはいつも通りの状態まで回復していた。子供の治癒力は侮れない。