■2017/11/27(月) 6:45~7:30 晴れ(8℃)
 ・ストレッチ
 ~移動~
 ・キャッチボール
 ・手投げフライ捕球×20本
 ・手投げワンバウンド捕球×20本
 ・手投げフライ・ゴロ~カット返球想定×15本
 ・素振り×10本
 ・サンドボールトス(残り時間)
 ~帰宅

 週末は公式戦が3戦あり、日曜はダブルヘッダーだった影響で1試合目に軽めのキャッチボールとノックを受けただけの練習。練習不足と気温も少しある予報だったので用水路沿いに遠征。久しぶりのキャッチボールや手投げ練習での返球に、制球を意識するよう言う。打撃強化と共にもう一つの特徴が欲しい息子。守備動作はチーム上位だが、肩が強いわけでも足が早いわけでもない。守備にもう一つの特徴をプラスするため、「送球時の制球」をプラスしてあげたい。それには日々の送球から意識し、ノックや実戦練習で制球が良いイメージを出してほしい。
 また、外野手の息子がボールを捕球した際に送球相手の指示が無いとずっと持ち続けてしまいがち。外野手は素早く内野に返球するのが望ましいので、息子に手投げでフライ・ゴロを上げてから父が位置を移動して視線を外し、息子が「ファースト」「セカンド」と呼んでから振り向いて捕球する、という練習を行う。返球指示が無くても自分から返す意識を持ち、実践できるようになってほしい。
 最後はトレーニングバット使用のサンドボールトス。約15球前後だが、しっかり腰の旋回でバットを軽く振り、相手動作に合わせてタイミングをとる事を言いながら行った。