■2018/02/25 (日) 10:50~12:20

 息子の代が最上級年となって初めての公式戦。相手チームは前年度は絶好調で数多くの大会で上位入賞したチームだが、今年は選手数が不足している様子。そんな大事な初戦に「9番センター」で先発出場。

 息子チームは先攻。序盤から相手投手の制球難とヒットで得点し、1回から息子の打席。結果は初球デッドボール。痛みに耐えて出塁し、3塁まで行くが生還できず。しかしながら初回6点で優位に立つ。

 先発はエース右腕君。エラー走者を三塁打で返され1失点するが、後続を断つ。

 息子の2打席目は3回先頭打者。フルカウントから低めのボール球に手を出し空振三振かと思われたが、捕手が後逸し振り逃げ出塁。盗塁と捕逸で3塁まで到達し、2番打者の内野ゴロの間にギリギリ生還し、得点を記録。

 エース右腕君は四球を出すものの得点を許さず、その後は無失点に抑える。

 息子の3打席目はまたも初球デッドボール。生還できなかったが、盗塁も記録。無安打ながら全打席出塁となった。

 試合はそのまま終了し、無事初戦突破。来週にも2回戦が予定されており、引き続き練習して出場できるよう頑張っていきたい。

 午後はホーム小学校に戻って練習。打撃練習ではヒット性が無かった息子。正面から投げられる投球にタイミングを合わせる課題があるが、まずはトス球を捉える確実性を上げてから後々、取り組んでいきたい。