■2018/07/21 (土) 12:30~17:00

 所属連盟の参加大会の準決勝を翌日に控えてのチーム練習。監督自ら投手で6年生の打撃練習。近距離からの投球に時折は引っ張った打球を打つものの、やはりタイミングのズレからくる振り遅れで逆方向の打球が多い。それで力負けせずライナー性の打球ならば不問とするが、力が伝わる前のスイング中に当たっているような、ボールの下を叩いて打ち上げる内野フライはいただけない。しかし、守備に関しては問題なく動けている。今年の冒頭から取り組んでいたステップ幅の大きすぎる事象とタイミングズレが併発しているので、これをもう一度改善する練習が必要だと思う。