チーム練習日だったが、学業の某テストを受けるため息子は母と一緒に会場に向かった。この日はイベント無く4・5年生にグラウンドを明け渡しているため、6年生は校庭の端でひたすらショートノックを続けていた。