市大会を翌日に控えた部活。2年生10人・1年生16人の大所帯チームの背番号配布が行われたとの事。息子も2桁背番号をもらって帰ってきた。父が予想していたより若い背番号だと思いつつ、1桁番号をもらっている1年生も3名いる。特に、少年野球の時には控えだった子が中学生になって打撃向上で1桁をもらったらしい。著しい心身が成長する期間。背番号をもらえなかった選手が次大会で躍進する事も不思議ではないし、逆にレギュラーだった子が控えに回る事もある。背番号をもらえた事に満足する事なく、向上心を持って日々努力して欲しい。