■2019/11/05(火) 6:40~7:15 晴れ(9.5℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・ノック(センター位置)×10本
 ・ノック(ファースト位置)×5本
 ・投球練習(ストレート)×10球
 ・投球練習(変化球)×6球
 ~帰宅

 とうとう気温が10度を割り込み、いよいよ冬シーズンの気配が濃厚になってきた。前の練習試合で久しぶりにセンターの守備についた息子。守備機会は1度だけ、しかも右中間に抜けたヒットを回収しただけだったので実質的な守備機会ではなかった。打球勘が鈍っており、今日のノックでも何でもない正面の凡フライを捕球ミスし、グラブで弾いたボールを顔面にぶつけてしまう。ある程度のチャージした結果であれば慰めの言葉もかけるが、正面凡フライの落球ではかける言葉もなし。打球判断だけでなく、バックステップなども出来なくなっている。もう少し外野守備の練習が必要かと思う。反面、5球だけ行ったファースト位置ノックではまったく問題なし。やはり練習しないと下手になってしまうようだ。
 今日は打撃練習は回避し、投球練習とした。練習試合で2イニング36球。その程度で背中や両脇腹などの上半身に張りが出ているようで、それを踏まえて全身を使った投球を力半分程度でストレートを10球。変化球は現在会得している縦スライダーの握りは同じで手の向きを少し変えた横スライダーとなるよう練習。縦スラの握りとボールの放し方は判っているようなので、手の向きを変えた横もすんなりと変化した。しかし縦変化ならばミット目掛ければよい制球も同じ感覚で横変化ならばミットの横方向に変化する。今は変化量をしっかりと確認しつつ、どの当りを目掛ければミットに収まるかを調整していければよい。