■2016/05/31(火) 6:30~7:10
 ・ラジオ体操
 ・キャッチボール
 ・遠投
 ・キャッチボール(地面叩きつけ)
 ・バウンド捕球
 ・ノック(近距離/遠距離)
 ・トスバティング
 ・フライ捕球

 息子は送球の際にやや肘が下がり気味であり肘を伸ばしたアーム投げに近い投げ方であったが、今日は肘を畳んで良いフォームで投げる事が出来ていた。即座に誉め、調子に乗らせる。それで球速や遠投力が上がっているわけではないが、怪我防止のためにも定着して欲しい。
 打撃は完全肩担ぎから、構える際に肩から少し上げるフォームに変更。相変わらず朝練での打撃は好調。練習球が穴あき球であるが、少しでも16mの実戦距離で感覚が養えるように投げてみる。いつも低めの球をボールと思って見逃す傾向があるので、練習前に一番低めのゾーンを確認させた。外角低め以外はバットが届くので、きちんとバットに当たっていた。意図的に低めにも投げて、ゾーン感覚を身につけさせたい。