■2016/07/24(日) 8:00~9:10

公式戦、参加連盟の四大大会の3つ目である連盟杯のジュニア大会。今回の息子チームは1回戦から参加。前日体調不良で早退し、かつ打撃不振の息子は打順が下がるも「9番ライト」で先発出場できた。

試合場はいつもと異なり公園内の野球グラウンド。グランド外から観戦しやすかった。

相手は今シーズン初対戦。
過去の公式戦は1回戦敗退しているようで、息子チームも抽選勝ちを除くとどちらが今シーズンの公式戦初勝利できるかといったところ。

息子チームは先行。初回から得点する事ができ、上々の立ち上がり。
守備面はやはり、エース君の四球に絡む失点があったが、元々は球威のある投手なので要所で三振を奪い大量失点に繋がる事は無かった。キャプテンの超ファインプレー(ジャンピングキャッチ)や、エース君のランニングHRも出てチームの勢いも良かった。

息子は残念ながら攻守で精彩を欠き、打撃は①三振②三飛となった。やはり打席のみ発症するタイミングズレ病が深刻で、BCの90km/hを引っ張って打ち返せるのに、それより遅い球に完全に振り遅れていた。緊張でボールを待ち過ぎ、体が硬すぎ、いろいろあるのであろうが、グランドに立った時のみ発症する事象をどうやって治してあげれば良いのか悩む。守備面は暑さでダレていたのだろうか、ライト線の当りに反応が悪かったように思う。ライト線を破られて二塁打を許したが、反応がよく回り込めていたらシングルだったかもしれない。

息子本人は目立った活躍は出来なかったが、息子チームは抽選勝ちを除いた、実質的に念願の初勝利となった。初勝利の試合に出場できていた事を素直に喜び、次回に活躍して勝利に貢献できるよう努力して欲しい。

【結果】
チーム12345
TB所属2031-6
HR相手1120-4