元・少年野球練習日記

中学軟式野球、主力となるべく頑張る息子と父の練習日記

カテゴリ: 朝練

■2019/10/21(月) 6:45~7:20 曇り(17℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・ファースト捕球練習×10本
 ・手投げショートバウンド捕球×15本
 ・ファースト捕球練習×5本
 ・手投げショートバウンド捕球×20本
 ・素振り×5本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×5球
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×30球
 ~帰宅

 先週土曜の部活で久しぶりに校外周ランニングを行ったそうで、その影響をモロに受け下半身痛を訴えている息子。日曜のリーグ戦は出番無く敗戦で2勝2敗。8校で7戦するそうなので、残り3戦。次ステージの進出は全勝するしかなさそうかもしれない。
 月曜にも下半身痛が残っているそうなので、ノックは回避し捕球練習とした。しかし捕球のグラブの出し方が逆になったり、グラブに入っても弾く事が多くかった。息子も「あれ?」といった感じで、動作とイメージが合っていないようだ。回数をこなす事で調整しようと思ったが完全回復とまではいかず。下半身の疲労のせいにして、次にきちんとできていればと様子見にした。
 打撃は先週の続きで強く打つをテーマとした。タイミングのズレはたまに発生するが、全体的には先週金曜と同様程度の内容だった。

 

■2019/10/18(金) 6:45~7:15 少雨(19℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・早投げキャッチボール(5往復)×2本
 ・投球練習×15球(変化球×5球)
 ・素振り×約15本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×10本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×28本
 ~帰宅

 湿り気があるが昨日より気温が高く寒さは感じない中、キャッチボール後に久しぶりの投球練習。息子が決めたテーマは「高めに浮かない」だったので低めに構えて実施。浮いた球というよりは、低めが真ん中に入ったボールが3球ほどあった。10球ストレートの後、変化球を5球ほど。
 最近、打撃で「間」がない息子。なので強制的に「間」を作るため、父のトスの始動でテイクバックを始めるようにしてもらった。短距離トスならそうするのだろうが、ずっと5m前後の距離で行っているためきちんと構えからやってもらっていた。
 ロングティーは「遠くに飛ばす」ではなく「強く振る」に言い換え。求めている事は同じだが、それで打ち損じてもOKとした。今週前半より打撃は良くなり、後半は角度もついた。終了予定5分前に雨足が強くなり、ボール袋1回+見逃し球の再トスを終えた時点で早めに切り上げた。

 

■2019/10/15(火) 6:45~7:20 曇り(15.5℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・ファースト捕球練習×10本
 ・キャッチボール(上半身投げ)×10本
 ・送球練習×10本
 ・素振り×約10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×10本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×30本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×10本
 ~帰宅

 先週はテスト週間で勉強優先のため朝練は週一回のみ。久しぶりの自主トレは節目の700回となる。週3回ペースとなったので月換算で10回前後。いつまで続くかわからないが、少ない部活の練習を補い、課題に取り組む意味合いはあると思っている。
 週末の3連休は雨と定休の折り合いが悪く、全て部活中止。テスト明けの金曜に少し部活動があったようだが、それ以来の練習。地面の状態も悪いので、息子の悪癖である手投げノーコンの修正作業。少し投手も担当する分、きちんとしたフォームで投げる際の制球は問題無いが、フィールディング時に送球先に踏み込まず、手投げになった際には結構なノーコンぶりを発揮する。なので正面を向いた状態から上半身だけで投げる手投げをあえて行い制球率を上げる練習と、ボールを捕球してからきちんと相手に踏み込んで投げる2パターンの練習を行った。
 打撃はトスで状態を見てからロングティーに移行。タイミングが合わないと突っ込んだりするのは先週から変わらず。自分の「間」が欲しいが、説明しても実践ができないようだ。タイミングが合えば、角度が低いながらも外野後方まで持っていけていた。ロングティー後に緩急をつけたトスで突っ込まず軸足を動かさずに打つ練習をしたが、これもすぐには上手にできなかった。

 

■2019/10/07(月) 6:45~7:20 晴れ(17℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・投球練習×13球
 ・素振り×約15本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×10本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×30本
 ~帰宅

 土曜の公式リーグ戦は出番無く敗戦。息子チームの2年生エースが良い投球をしていたが、相手チームがエンドランを決めたり、柵越えHRを打つなど一枚上手。リーグ戦なのでトータルで次のステージに進出して欲しい。
 今週はテスト週間なので朝練は今日のみ。底冷えする寒さの中、投球練習は制球重視との事。途中できちんとボールの縫い目に指の第一関節を食い込ませてしっかり握るよう伝えると、制球だけでなく球威も増した。
 打撃はタイミングが合えばバッチリ、合わなければドン詰り。自分のタイミングだけで「間」が無くなっているのが気がかり。一定タイミングのトス球に振り遅れや早すぎなどが出るのが問題。スイングは良いので、きちんと合わせて欲しい。息子はタイミングに合わせすぎると飛距離が出ないと言うが、快打あってこそ、その次に飛距離。ほんの少しのボールを見る余裕が欲しいところ。

 

■2019/10/04(金) 6:45~7:20 曇り(23℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・キャッチボール(内野手投げ)
 ・ノック(フライ捕球)×10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×10本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×30本
 ~帰宅

 真夜中の豪雨の影響で市営Gは水溜まり多数。キャッチボールでは昨日発生した送球逸れは解消されていた。久しぶりに外野フライと内野フライのノック。ファーストにコンバートされた息子は久しぶりの外野フライは楽しかったとの事。
 水溜りを避けてトス打撃でフォーム確認。問題無しと判断し、ロングティーに移行するが、足元が悪いのでいつもと少し違う場所。足元のぬかるみのせいもあるが、月・木と比較して打撃内容が悪い。特にミスショットが多く、打球もファール線の外をいく引っ張りすぎが目立つ。間が無いので自分のタイミングでだけ打つのと、フォームの乱れでダウンスイングになったり。昨日悪かった送球が今日には改善されたり、良いフォームで打った時には良い結果が出る事などを伝え、来週には直っていれば問題なしとした。来週は中間テストウィークなので、月曜に自主トレをするかしないか、それ以降はテスト勉強といったところだろう。

 

■2019/10/03(木) 6:45~7:20 曇り(24.0℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×23本
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×30本
 ・キャッチボール
 ・投球練習×20球
 ・ファースト捕球練習×8本
 ・手投げショートバウンド捕球×10球
 ~帰宅

 昨日からの順延で木曜実施。市営Gで打撃を先に行う。ネットトスでレベルアッパーのフォームが出来ている事を確認し、ロングティーに移行。悪くないが、月曜の方が快打率が高かった。3球ほどだけ中間距離で上投げで投げてみたが、これはタイミングが合わずにボテボテだった。
 後半の守備練習、キャッチボールからボールが片側に逸れる。投球練習でも同様だったが、そういう時に自分で調整できるようになって欲しい。上半身の捻りがいつも以上に大きいのと、球離れが早いのでそうなっているのだろう。それでも最後あたりは何とか構えた位置に投げられるようにはなっていた。
 余った時間で本来のポジションであるファースト守備練習を行い、最後に簡単な手投げショートバウンドを5球連続で捕球できたら…が出来ずに追加で計10本ほど行った。

 

■2019/09/30(月) 6:45~7:20 曇り(24.5℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・キャッチボール(内野手投げ)
 ・ファースト捕球練習×10本
 ・投球練習×10球
 ・素振り×計15本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×10球
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×30球
 ~帰宅

 先週土曜の公式リーグ戦はベンチ入りも出番無し。日曜は休みだったのであまり野球をしていなかった週末。今日は部活休日なので、それを取り返すべく朝練実施。
 手投げのワンバウンドから内野手動作できちんと投げるキャッチボールを行う。外野からの返球では思い切ったバックホームで全身を使った送球動作が出来るのに対し、内野距離では手投げになる。それを体を使って投げられるように反復練習。ファースト捕球練習での返球でも、やはり手投げ動作が出てしまう。癖なので根気良く直すべし。
 打撃はネットトスでフォームの状態を確認するのを10球ほど行い、そのままロングティーに移行。疲労が出ていない状態で快打と良い飛距離を連発する。ボール球のトスも見逃せており、詰った当りは30球中3球ほど。レベルからフォロースルーがアッパーのフォームが維持できていたので、おのずとフォロースルーと同じ角度で飛び出した打球が多かった。息子も上機嫌で終われたので、このフォームを定着できる事を目指したい。

 

■2019/07/26(金) 6:45~7:20 晴れ(23.5℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・キャッチボール(内野手投げ)
 ・キャッチボール(変化球)
 ・素振り×計15本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×23球
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×46球
 ~帰宅

 息子の中学文化祭が水・木で行われ、無事終了。明けての金曜は打撃メインでキャッチボールに息子の苦手な近距離送球と、精度を上げるための変化球のみとした。
 打撃はネットトスで快打連発。きちんとしたレベルアッパーのフォロースルーが出来ており、その調子で行けばロングティーも快打だろうと期待するも、ロングティーで凡打が多くなる。スイングが崩れてきており、それを戻せないままだったが、小休憩を挟んでスイングチェックした後には快打を連発。しかしそれも長く続かず、息子もイライラし出して余計に凡打が増える悪循環。最初は良かったが後に悪くなるという事なので、良いフォームを何度振っても出来るように意識すれば良いはず。来週、同じように前半が良ければそのままロングティーに移行してもらおうかとも思う。

 

■2019/09/24(火) 6:45~7:20 晴れ(21.5℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・短距離キャッチボール(内野手投げ)
 ・ノック(ファースト距離)×15本
 ・手投げフライ捕球×10本
 ・投球練習×16球
 ~帰宅

 市営Gの都合で神社横公園。涼しくなったとはいえ蚊が多い。キャッチボール後、腕を下げずに投げる内野手投げを習得すべくキャッチボール後、短距離ノックでその投げ方の確認。やはり無意識で手投げや外野手・投手のような腕を下げて投げる癖が出る。これも反復で体で覚えるしかないだろう。
 投球練習はリリース位置を前で放す事を意識してストレートを10球。これはきちんと制球できていた。余った時間で変化球。練習試合で序々に使用しているが、スライダーの握りで軌道がカーブ。どうせなら握りは同じで軌道が変えられるようにしたい。「抜く」と「引っ掛ける」の違いがマスターできれば投球幅が出来るが、今のところは「抜く」だけ使えるようになっているようだ。

 

■2019/09/20(金) 6:45~7:20 曇り(17℃)
 移動~
 ・ストレッチ
 ・キャッチボール
 ・キャッチボール(ステップ幅、リリース位置意識)
 ・投球練習(ステップ幅、リリース位置意識)×10球
 ・ファースト捕球練習×10本
 ・手投げショートバウンド捕球×15本
 ・素振り×10本
 ・トスバッティング(軟球、下投げ)×10球
 ・ロングティー(軟球、下投げ)×27球
 ~帰宅

 今週末から今年最後の公式戦であるリーグ戦が始まるが、3連休は雨予報。息子は先週の打撃不振があったが、ギリギリながら背番号を頂けた。今日は低めへキレのある球を投げるため、キャッチボールから足1個分、リリース位置をボール1個分前にするよう意識してもらう。そのままマウンドで投球練習をするが、急に体得できるわけでもないのでまだぎこちない。それでも少しは良い球が投げられる時もある。少しづつ身につけられるようになって欲しい。
 ファースト捕球は捕球後にグラブを内側に入れて捕りきる練習をしてみたが、それに意識をとられて捕球がおろそかになっていまう。なので途中から普通に捕球してもらうようにした。
 打撃は少年野球時代の絶好調フォームをスマホ動画で確認。息子が取り入れていた左肩を動かして構えて右肩が内に入ってしまう動作を封印。そうすると快打率が上がった。ヒットポイントの修正で引っ張る練習も行うが、これはまだ二塁や右中間への当りが多い。意識して体を回転させるよう言うと、ようやく一塁方向へ引っ張る事ができた。ネット接触は無かったが、惜しい当りもあった。

 

↑このページのトップヘ