元・少年野球練習日記

中学軟式野球、主力となるべく頑張る息子と父の練習日記

カテゴリ: 試合

■2020/12/12 (土) 11:00~13:30
 公式リーグ戦から1か月経過し、決勝トーナメントに進出の準決勝。コロナ禍で無観客開催の可能性があったが、無事に観覧可で開催された。
 相手チームは少年野球時代に同一連盟所属だった2チームと+1チームが集結した中学校。息子は「2番投手」で先発出場で後攻。
 2番にヒットを浴びるが3番を投フライ~一塁封殺のWプレイで立ち上がる。2回表に2塁打を浴び犠打で2死走者3塁から右フライがライトと一塁との間に落ちるポテンヒットで1失点。2回裏攻撃無死3塁のチャンスがくるが、三振やスクイズ失敗で無得点。3回表はエラー走者を背負うが無失点で切り抜ける。3回裏に味方が逆転するが、直後の4回表に2死から連続2塁打を浴び1失点する。

 5回表、連打で1失点し3ゴロからの送球を1塁がエラーし走者が残り、5番に2塁打を浴びて残った走者を全て返されてしまう。最後は三振ゲッツー(三塁挟殺)で終えるが、逆転されてしまった。
 7回裏2死から1点を返し息子の打席。最後は変化球を空振りし終了。決勝進出はならず今大会3位に終わった。
 コロナ禍で練習試合もほとんどなく、ぶっつけ本番で公式戦に挑んだ息子。実質、初めての敗戦投手となった。かなり精神的に落ち込み、自分のせいで負けたと自責の念にかられているようだ。これまで善戦した3試合に比べ、投球(配球)スタイルが異なっており、この日は変化球主体となっていた。ストレート中心でフォームと球速の緩急で打者を打ち取っていたスタイルから変化球中心となった事でストレートが甘く単調になった事も一因かもしれない。息子が抱いている感情は、かつて少年野球時代にエースの子たちが敗戦の時に抱いていた感情でもある。
 ヒットをたくさん打たれたが四球は出さなかった。課題だった牽制も幾分か見れるようになった。プロ野球のエースであっても負ける事がある。反省すべき点や改善点を考え、次に繋げていけるようにしてもらいたい。リーグ戦でロースコアの試合を勝ち抜き、決勝トーナメントに進出できた事は間違いなく息子の努力の結果だと思う。

5回80球 被安打8 四球0 死球1 奪三振3 失点5 自責点4


 

■2020/11/15 (日) 9:00~10:30
 公式リーグ戦第4戦は予選リーグ最終戦。5校でのリーグ戦なので他校の試合が来週にあり、この試合に勝ってもまだ次ステージ進出の是非はわからない。かなり気温の低い中で試合は先攻。息子は「2番投手」で先発出場。
 1回表に1番打者のヒット・盗塁で無死2塁の状況で息子の打席。送りバントをきちんと決めて3塁に走者をすすめる。続く3番のヒットで早々に先制点を取得する。
 1回裏の息子の投球が明らかに球威が無く制球も良くない。試合開始前にただ開始を待っていただけで体を温めておらず、思うように体が動かないように見えた。四球で出した走者を盗塁、パスボールで3塁に走者を進めてあっさりスクイズで同点とされた。その後出した2人の走者を共に捕手の牽制で刺してもらい、助けてもらう。
 しかし2回から序々に調子が戻ってきたのか3者凡退。3回はエラー出塁で1死3塁の状況。スクイズを息子がグラブトスでホームで刺す好プレーでピンチを脱した。4回・5回ともに3者凡退で抑える。6回に先頭打者の代打がレフト2塁打で出塁を許すがこれも後続を抑えて7回表の攻撃に望みを託す。
 7回表の先頭代打の1年生が死球出塁し、8番打者のヒットで2死2・3塁で3打数3安打の1番打者が2点2Bを放ち待望の勝ち越し。息子もその勢いに乗り快心の当たりを放つがセンター真正面のライナーで倒れた。
 立ち上がり最悪だった息子の状態も尻上がりとなり、最終回は3者三振で打ち取りゲームセット。薄氷の勝利となった。3勝1分の予選リーグ。他校の状況次第となるが、次ステージに進出できるよう祈りたい。
 ヒットを打てずに嘆いていたが、得点に絡むバントを成功させ凡打も進塁打があり、ジャストミートをした打球もあったので前向きに捉えてほしい。

7回97球 被安打3 四球1 奪三振8


 

■2020/11/07 (土) 9:00~10:30
 公式リーグ戦第3戦、相手は部員数がギリギリの中学校。息子は投手ではなく「2番ファースト」で先発出場。後攻で始まった試合は先発投手の連続四球で押出しと走塁でかき回されて2点を先制される。
しかし1回裏の攻撃で1番がエラー出塁、2番の息子も四球出塁で3番が前進守備のショートエラーを誘い2点取得で同点。更に2塁走者の3番の三盗が悪送球を誘い逆転に成功。
 息子の第2打席は3回裏。1番のヒットで出塁・盗塁で2塁走者の状況で右打ちして二ゴロながら進塁打とする。その走者を3番が内野ゴロで返し、一塁の捕球エラーで出塁。4番のヒットも出て得点。
 第3打席は1死2・3塁の場面で初球をライトに弾き返し3塁打。その後も猛攻を見せ代打攻勢が出来る状況となり、公式戦初出場の子も代打や代走で3名出場。2-10でコールド勝ちが迫る状況で息子は一塁からライトへシフトチェンジ。投手も1年生が登板し、ヒットを浴びるも無得点に抑えてコールド勝ちとなった。
 投手としての登板は無かったが、1安打1四球2得点2打点の活躍。守備動作も問題なく、リーグ戦が始まってから毎試合安打を記録している。引き続き好調をキープし、次ステップに進出して欲しい。

 

■2020/10/31 (土) 9:00~10:30
 公式リーグ戦2戦目、相手は前代で県大会上位入賞チーム。世代交代で3年生抜きとはいえ、県大会を経験する2年生が多数居るチームとの対戦。息子は「2番投手」で先発出場。1回表一死走者無の状況からレフト前へライナーを放ち出塁。3番もヒットから5番の長打で息子は生還。3番も還ったがエンタイトル2Bと判定され戻され1点止まり。対して1回裏の守備では1死後に自分のエラーで出した走者を盗塁で3塁に進められ、犠飛で同点とされる。その後は投手戦が繰り広げられ、息子も快心のヒットを1本浴びるが単打で止めて後続を断つ。目立ったヒットはその程度となり、味方の攻撃も2塁まで走者を進めるもあと1本が出ずリーグ戦なので延長やタイブレイクも無く1-1の引き分け。勝利出来なかったのは残念だったが、息子は7回まで投げきり1失点の好投。球威だけなら相手投手の方が上だったが、息子なりに投球術を使って抑える事が出来たのだろう。なんとか次ステップに進出してたくさんの試合経験を積んで欲しい。

7回 93球 被安打2 四球3 奪三振3 失点1


 

■2020/10/24 (土) 9:00~10:30
 新チーム結成後初の公式戦は市内中学へ遠征でリーグ戦。息子は「2番投手」で先発出場。去年から公式戦のベンチ入りはしていたが中学部活で初の公式戦出場となった。
 試合は後攻で緊張の登板。先頭打者を四球で出塁させ2アウト後に4番に四球を出したが5番を三振に取って無失点。裏の攻撃では初打席でセンター前ヒットを打つが盗塁死してしまう。
 2回はサード失策でまたも先頭打者を出し、牽制ボークで2塁進塁を許すがバントで進塁させず次も2者連続三振で無失点。3回は先頭打者に3球連続変化球をセンター前にポトリを落とされヒット。しかし捕手の二塁刺殺と後続を断ち無失点。息子の第二打席は二死二・三塁のチャンスに三塁ファールフライで得点できず。4回は三者凡退で8球で終了。5回は先頭四球で次打者が送れずアウト。次打者のバントを捕手が悪送球するが、返球がよく三塁~本塁で挟殺、その後はサードゴロ。
5回裏に二死二塁から息子が死球で出塁。その後の満塁で悪送球で生還し待望の得点。息子は6回からファーストに回り降板。5回73球1安打3四球6奪三振。公式戦初登板としは上出来。6回裏に味方のタイムリースクイズでもう1得点。2-0で勝利した。
 ボールが全体的に高くなり練習通りの制球とはいかなかったが、それでもフォーム、球速に緩急をつけてタイミングを外そうとする投球術を駆使しようと垣間見る事が出来た。今後もしっかりと課題に向き合って練習し、技術向上を目指して欲しい。

5回 73球 被安打1 四球3 失点0 奪三振6


 

■2020/08/29 (土) 10:45~12:30
 コロナ禍で3年生は最後の公式戦初戦。本来なら前の大会で3年生は引退のはずだが、それが未開催のために順延の格好。2年生の息子は18名のベンチ入り。エリア大会のため電車で遠征し、無観客かつ会場の中学校の塀が高いとの前情報から観戦できず。詳細は不明だが敗戦となってしまったとの事。息子は投球練習は行ったが登板は無く、先発の3年生が9個の四死球を出してしまった事が響いたらしい。前年の市内リーグ戦では3位入賞しただけに、コロナの影響が無ければまた違った結果だったかと思うと悔やまれる。しかし引退時期が本来より延びているため、次は受験に向けて頑張って欲しいとも思う。
 息子含めた2年生が次の代となるわけだが、1・2年含めて32~3人近くいる中で前向きに練習して戦力になって欲しいと思う。

 

■2020/08/10 (月・祝) 9:00~12:00
 3連休の3日目はホーム中学での練習試合。息子は2試合目で先発。1・2回は三者凡退。3回にレフトオーバーの2塁打を打たれるも後続を断つが、序々に球が浮き出す。4回は先頭打者に四球を出し、牽制で走者をつり出す事に成功するも自分がファーストのカバーに入らずアウトに出来ず。味方のエラーもあって走者を出すが、捕手のサード送球によるアウトに助けられつつもボテボテのセンター前ヒットで1失点。その後は何とか抑えて結果的には4回2安打1四球1失点の内容。最高気温37℃の炎天下で4イニングを投げきった事は大きいと思う。打席は2打席共に四球出塁。前回を反省し、打てる球だけ待った結果の四球のようなので問題なし。その姿勢で打席に立てば打撃の復調もできるだろう。
 3年生最後の公式戦の初戦、相手チームは左投手らしく練習で打撃投手やるだろうなとの事。肩肘のコンディションに注意しつつ、連投できるスタミナもつけてほしい。

 

■2020/08/08 (土) 9:00~12:00
 熱中症初期症状から2日経った土曜、遠征での練習試合。息子は2試合目にライトで先発。少年野球でのかつてのポジションで出場だったが守備機会は特に無かったとの事。打席は強い当りもあったが3打席凡退。久しぶりの複数打席で気負ったのか、初球から手を出したり自分の打ちたいコースを待つなどが出来なかったようだ。6回から登板し、被安打0+自分のフライ捕球エラーで1出塁のみで2イニングを投げきる。結果的にフル出場できたので炎天下でも乗り切れる体力を付けるには良かったのではないだろうか。

 

■2020/08/01 (土) 9:00~12:00
 コロナ禍の中、やっと練習試合が再開。無観客開催で2学期開始まで校内で観戦禁止。感染者の増加傾向があるので、無観客は継続されそうな気もする。とはいえ3年生は春夏の大会が中止となり、最後のエリア大会で引退となる。なので登録メンバーの保護者くらいは観戦させて欲しいところ。
 観戦禁止なので全て息子からの報告のみ。息子は2試合目に先発し1回は全てフライアウトで4球で終了。2回はサードの送球ミスと落球で2エラー出塁を許すが全員三振に討ち取ったらしい。3回は先頭打者にセンター越二塁打を許し、次打者は打ち取るも後続に2連打され1失点。最後は二ゴロで討ち取ったとの事。1イニングに3本ヒットを許したが、3イニングで四死球ゼロなので立派。打席は1打席のみで、センター方向に打ち返したがショートの好捕で遊ゴロだったとの事。何にせよ、初先発なので及第点ではないだろうか。二順目のクリーンナップに連打されたようなので、制球が高かったとか球速が単調だったとか色々考えて次に繋げて欲しい。
 1試合目は3年+主力で快勝、息子出場の2試合目は2番手として同学年の主力野手の子が登板し、3イニングで6失点し負けたとの事。父も知るセンスある子なのできちんと投手練習すれば仕上げる事が出来ると思う反面、少年野球時代に肘の故障があったはずなので注意して投げて欲しいと思う。

 

■2019/12/15 (日) 9:00~12:00
 今年最後の練習試合。息子いわく、最近は投手専任となりシートノックも投手位置で行っているとの事。しかし同学年では二番手扱いなので、ファーストを離れてしまった息子は1・2試合目共に先発出場できず。言い渡された機会は2試合目の6・7回。5回裏の走者3塁の場面で代打から出場し、スクイズのサインが見破られ大きく外されたのをジャンプするも空振り。しかし走者が帰る事が出来てセーフ。これに同様したのか、外角のボールを体を大きく打ちにいってアウト。同学年で1・2試合両方出て6打席もらえている子がいる一方、野手を外されると打席が与えてもらえないのは痛いなと思う。父は以前のファースト兼投手の方が良いのだが、こればっかりはどうしようもない。一番手投手とは10cm近く体格差があるが、息子の球速や制球力も上がってきており大差とはなっていない。ここは思い切って一番手を狙う方針に転換する必要があるかもしれない。
 代打後、息子チームが得点し計7点。抑えればコールドの6回から登板。初球を二フライで仕留め、次打者も三ゴロ。次の遊ゴロで三者凡退と思いきや味方エラーで走者を背負う。盗塁と暴投で三塁まで走者を進めるが、空振三振に打ち取って終了。残念ながら最後の練習試合は1イニングだけの登板となってしまった。

・2試合目
【6表】 1.三ゴロ 2.二飛 3.遊失策 4.空三振

打者4人 4打数0安打、1失策、0四球、1奪三振、 0失点
計XX球


 

↑このページのトップヘ