元・少年野球練習日記

中学軟式野球、主力となるべく頑張る息子と父の練習日記

カテゴリ: 練習用具

バッティング練習をさせるべく、新たに購入した一品。
練習球の中では比較的安価な部類に入ります。

トスバッティングはもちろん、約5~6m離れて投げバッティングの練習が出来ます。
息子がジャストミートしても、せいぜい15m程度しか飛びません。
ゴロは通常のボールと同様に転がっていきます。

現在は8球で運用していますが、やはり20球程度は欲しいところです。

プロマーク社製は、他社の同様製品より若干素材が柔らかく感じました。



今使用する軟式バットはもらい物です。
父のいとこの子(息子のはとこ)が一歳年上で、体格が大きいのでお下がりで頂きました。

使用感はありますが、74cmサイズで500g無いバットを息子はグリップを短く持って構えます。
ビヨンドマックス等の飛距離バツグンなバットも売っていますが、今は正しくミートする事が目的で
飛距離を道具に頼る時期ではないため、重宝しております。

何気にイチローモデルだったりします。

父の同僚から未使用の80cmバット(メーカーは何故か米アパレル・ラッセルアスレチック製)を
譲り受けているため、76~78cmのバットを新規購入するかはまだわかりません。

父のノックバットとしても使用しています。


やはりこれが無いと始まりません。
息子が使用するグローブです。
ゼットの少年軟式オールラウンド用を選択しました。

グローブは有名メーカーの物を与えたいと思い、ゼットにしました。
購入は大手スポーツ用品店で、購入後すぐにスチーム加工をしてもらい
柔らかな状態で使用しています。

最初はポロリを連発し、小さめのグローブすら持て余していましたが、
やはり慣れで正面の球は取れるようになっています。

現時点では、用具の手入れは父がしています。
ある程度できるようになれば、自分でやらせるつもりです。




↑このページのトップヘ